【検証結果報告!】各社の転職アドバイザーをまじめに比較

再就職希望の皆さん、活動状況はいかがでしょうか?

私は相変わらず書類選考で落とされている毎日です。

この状況を打破するため、最近は複数の転職アドバイザーに相談しています。

スポンサーリンク

そこで今回は、私が実際に利用している1) ハローワーク、2) 東京しごとセンター、3) doda、4) ワークポート、5) ギークリーのアドバイザーを比較してみました(※あくまで私個人の感想です)。

どのアドバイザーも無料で相談できますし、気分転換がてら一度利用してみてはどうでしょうか。

ただ、アドバイザーによって言うことが違ったりすることもたま~にあります。それが原因で戸惑うこともあるのですが、そういう場合は、どちらを選択しても間違いではないのでしょう。

私はそんなとき、自分が納得できる方を選ぶようにしています。

まだ利用していないという方や、これから利用してみようという方の参考になれば幸いです。

5社の特徴

概 要

5社の比較表を作ってみました。

雰囲気 アドバイザー 提案件数 気軽さ 総合評価
1) ハローワーク なし B
2) 東京しごとセンター なし A-
3) doda A+
4) ワークポート B+
5) ギークリー B-

詳 細

1) ハローワーク
専任アドバイザーというより、窓口職員に相談するスタイル(指名可)です。

職員の年齢層は50代と思われるので、歳上のアドバイザーのほうが安心して相談できるという人にはピッタリではないでしょうか。もちろん、説教を食らうということはありませんのでご心配なく。

履歴書や職務経歴書の書き方なども添削してくれます。

また、こちらの希望条件を伝えれば、職員が色々なキーワードで求人を探してくれますが、あくまでその場だけでのことです。求人をメールで案内してきてくれるということはありません。

ハローワークの一番の強みはその利便性です。ほぼ全ての職種をカバーしているうえに、自転車で気軽に通うことのできる点は群を抜いています。転職活動の第一歩として最適ではないでしょうか。

なお、初回利用時に限り、職員への相談はハローワークへの簡単な登録が必要です。

2) 東京しごとセンター
再就職に向けた履歴書や職務経歴書の書き方など、応募書類の添削や転職活動の方向性について様々な相談に乗ってくれます。対応はとても丁寧でした。実際に添削を受けてみて、だいぶスッキリしたものに仕上がりました。

また、東京の企業を対象としているため、ハローワークや転職サイトと比べて求人数は少ないです。

こちらの希望条件を伝えれば、アドバイザーが求人を探してくれますが、あくまでその場だけでのことです。求人をメールで案内してきてくれるということはありません。

しかし、それを補って余りあるほどのセミナーや企業面接会などを数多く実施していることがセンターの特徴です。応募書類の作成方法や面接対策などのありがちな内容だけでなく、非常にユニークなものもあるので、一度ホームページを覗いてみてはいかがでしょうか?ちなみに私もこのセミナーに参加しています。

3) doda
再就職に向けた履歴書や職務経歴書の書き方など、応募書類の添削や転職活動の方向性について様々な相談に乗ってくれます。

dodaの場合は、応募書類の添削というよりも、転職活動の方向性の相談に強みがあるような気がしました。こちらの言いたいことを的確に把握して、次に取るべき対策をいくつか提案してくれたので助かりました。大手老舗ならではの高水準なアドバイザーという印象です。

また、アドバイザーが求人を連絡してきてくれるので、自分の希望をしっかりと伝えておきましょう。

しかし、アドバイザーから提案される求人件数は少ないように感じました。その分、自分で探してこなければいけませんが、応募したい求人が見つかったら、それをアドバイザー経由で企業に推薦することも可能なようです。もちろんダメな場合もあるそうですが、一応、アドバイザーに打診してみてほしいということでした。

4) ワークポート
IT・インターネット業界に強みがあります。

アドバイザーは若い印象(20代後半~30代前半)で、ややビジネスライクな感じがしました。初回利用時に面談を受けるのですが、その時の印象としては、応募書類の添削や転職活動の方向性の提案にはあまり期待が持てませんでした。

どちらかというと、こちらの希望条件を聞くことに終始した印象です。その分、アドバイザーによる提案求人件数は一番多かったです。

面倒くさいことはいいから手っ取り早く求人だけ持ってきてほしいという人にはうってつけかもしれません。

ただ、アプリやサイトは抜群に使いにくいです…改善してほしい…

5) ギークリー
ワークポートと同様、IT・インターネット業界に強みがあります。

初回利用登録の際、アドバイザーへ相談したい旨を伝えましたが、時間が取れないことを理由に対面での面談を断られ、15分程度の電話面談で済まされてしまいました。

また、アドバイザーからの提案求人も少なく、あまりいい印象を持っていません。転職市場での私は魅力的でないこともその要因ではありますが、もうちょっと丁寧な対応をしてほしかったです。

スタンス別のおすすめサービス

以上の内容を基に、転職活動のスタンス別に利用サービスまとめると、こんな感じになります。

◆まずは気軽に転職活動を始めたい
 ハローワーク

◆応募書類の作成やセミナー参加を中心に転職活動を始めたい
東京しごとセンター

◆今後の戦略を練りながら本腰を入れて転職活動を始めたい
doda

◆求人案件を多めにストックしながら転職活動を進めたい
ワークポート

◆サブ的に求人案件を提案してもらいながら転職活動を進めたい
ギークリー

どれも一長一短なので、それぞれの特徴を活かしながら、複数のアドバイザーを並行して活用するのが最も効率が良さそうです。

もし他にも有力情報があれば、コメント欄で教えていただけると幸いです。

ちなみに、ハローワークと東京しごとセンターの比較記事はこちらです。

【ハローワークと東京しごとセンターを比較】評判や利用した感想【無職中年の味方】
転職サイトだけでなく、ハローワークや東京しごとセンターを初めて利用する人も多いと思います。そこで両者を比較してみました。

さて、私は明日、某サイトの転職フェアに参加してきます。
もしかしたら、これを読んでいる読者の方と会場内ですれ違うかもしれませんね。

年内に内定を取りたいなぁ…

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加