Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

転職エージェントはスキルなしの40代無職に冷たかった

calendar

reload

スポンサーリンク

厳しい現実を目の当たりにした。

求人検索をしていると、やってみたい仕事の求人を見つけた。

その求人に応募するためには、ある転職エージェントにサービスの利用申し込みを申請しなければならなかったので、その場で必要事項を申し込みフォームに記載して送信した。
するとその二日後、私の詳細な基本情報を知りたいから、履歴書と職務経歴書をメールで送信するよう連絡があった。
そこで、汎用的な志望理由になるよう多少の手を加えてすぐに送信した。

するとそこからさらに二日後、再度、連絡があった。
「現在、ご紹介できる案件はありませんでした」

そんなわけはない。
私は、このエージェント経由でしか応募できない求人を見て、今回連絡したのだ。しかもこれは経験職の求人であって、私が得意とする領域だ。

予めメモしていたこの求人番号を添えて、再度メールしてみた。
するとその日のうちに返事が来て、検討してみたがやはり紹介することはできないという回答がきた。
私も悪質クレーマーになりたくはないので、それ以上の要求はしなかったが、悔しくてたまらなかった。

この転職会社の対応が悪いわけではなく、返信も比較的迅速に来る分、むしろ良心的な会社ではあるのだろう
しかし、このようなメールを読むたびにいつも思うのが。「もう少し若ければ」ということだ。おそらく、40代無職はお呼びではないのだろう。企業に高く売れない人材なのだ。
若い人材が欲しいのならそれを表記してくれればいいのだが、特例を除き、法律によりそれは禁じられている。国は年齢的な就職差別のない社会を作りたいのだろうが、まったく無駄な法律だ・・・

転職会社もボランティアではないので誰彼構わず紹介することはできないのかもしれないが、せめてそれなりの経験を積んだ者であれば、多少年齢が高くても少しくらいは紹介してくれてもいいのに・・・。

こうなったら、同じ求人を他の転職サイトで見つけて個人で応募するしかない。厳しい世の中になった。

こうして今日も明日も、自分に合いそうな仕事を探すことになる。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!