Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

無職とあんぱん

calendar

reload

スポンサーリンク

転職歴が多いと銀行口座が増える。

会社によっては、給与振り込みのため特定の銀行口座を作るよう指定されることがあるからだ。
先日、そういった経緯で開設していた銀行口座を整理していると、予想外に多くの残高のある口座を見つけた。一ヶ月は十分に生活できる額だ。

自分が働いた対価であって気前のよい誰かからもらっお金ではないが、宝物を見つけたようで嬉しい。
この予想外の収入に気をよくした私は、100円ショップで必要な日用品を買ったついでに、5個入りのあんぱんを買った。
最近の100円ショップはこういった食品まで扱っているのだから驚きだ。

家までの帰り道には、近所で評判の高級パン屋さんの前を通る。
高級だけあって値段もそれなりだ。同じアンパンでも一つ250円ほどする。さっき買ったものとは大違いだ。店内にいる買い物客は高級住宅街に住むセレブのように見えてしょうがない。

帰宅後、その100円あんぱんを頬張り、久々に贅沢した気分を味わった。40歳を超えてしまった今、こうした状況になってしまっていることが悲しい。
とはいえこのあんぱん、値段の割には十分おいしい。

普段、こうしたお菓子類は普段はなるべく自分で作るようにしている。材料費などをかなり安く抑えることができるが、あんぱんとなると自分で作るわけにはいかない。

以前はパン屋さんなどで好きなものを気軽に買っていたが、今となっては自分がいかに贅沢な生活送っていたのかがよくわかる。
贅沢な生活が決して悪いこととは思わない。「いいものに囲まれた生活をしたい」、「あれやこれを買いたい」という気持ちは、より高みを目指すモチベーションになる。

人間、一度堕ちてしまってから初めて気づくことがある。
問題は、それまでの暮らしを維持できない状態になってしまったとき、それまでの生活水準を落とすことができるかということだ。

40代無職となってしまったが、いつか、いや少しでも早く、今の気持ちを忘れないまま、気兼ねなく高級パン屋さんで好きなものを買える生活に戻りたい。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!