Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

両親を想うと頭を抱えてしまう40代無職

calendar

reload

スポンサーリンク

昨日は所用のために都心へ出かけた。

雨にもかかわらず、私服の人やスーツ姿の人など、多くの人が忙しそうに道を歩いている。
道端にはホームレスが寝転がっている。
本当に色々な人がいる。そのなかで一組の親子連れがいた。
両親は大きなバッグを抱え、子供がガイド役として観光案内をしているようだった。
子供の高校を卒業したばかりくらいの年齢で、まだ少し顔にあどけなさが残る。

おそらく、進学を機に上京し、その子を訪ねて両親が上京してきたのだろう。
とても楽しそうだ。

私にも似たような経験がある。
就職で上京し、少し落ち着いたところで両親が私を訪ねてきた。
そこで、銀座の歩行者天国や浅草などを一緒に観光し、事前に調べていた有名レストランで夕食をとり、もちろんその支払いは私がした。
そのとき、両親は、私がいっぱしの社会人になったと誇らしげだった。
その時と比べると、今の状況がより一層みじめなものに思えてくる。

以前、帰省したのだが、あのころと比べると父も母も年を取った。まだ腰が曲がるような年齢ではないが、白髪と皺も増えた。それなのに、当の息子は結婚しているにもかかわらず、また無職となり、40を過ぎてアルバイトを探しているような状況だ。
本来ならば、父と母にプレゼントを買ってやったり、孫の顔を見せてやるなどの親孝行をしていて当然なのだが、それができない分、自分自身に苛立ちを感じる。

こんな状況にあることは親類にもいえない。周りは何も知らない。

モチベーションが高い日と低い日が交互にやって来る。
モチベーションが低くなる日は決まって、昔を思い出すようなシーンを外出先で見かけた時だ。しかし、こういう時も必要なのかもしれない。

母は最近、溜息をつくことが多くなったという。
原因は間違いなく私だ。

不安を感じさせていることを申し訳なく思っている。
何とか再起を図ろうと頑張ってはいるのだが、アルバイトですら不採用になってしまう。
母と電話で話す機会がたまにあるのだが、このことは言えない。余計な心配を掛けたくないからだ。

そんな時は、色々なアルバイトに応募して頑張っているとしか伝えないようにしている。
しかし、母がそれ以上は何も聞いてこないということは、アルバイトにすらありつけていない状況を薄々わかっているのかもしれない。

このような状況がしばらく続けば、応募するアルバイトの職種も考え直さなければならないのだろうか。
人手不足が叫ばれている業界に足を踏み入れなければならないかもしれない。
しかしそうなると今後もずっと、その世界でメシを食っていかねばならない状況になるのが怖い。
まだもう少しだけ、元の世界に戻れるためにあがきたいのだ。

母の誕生日が近づいてきた。
実家で暮らす両親を想いながらも、自分の将来が相変わらず不安定なことに頭を抱えてしまう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!