【転職回顧録】シリーズ一覧

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録外伝-7 最終回】無職40代中年男の友人のその後。

私が会社を辞めてからしばらくの間は彼からの連絡はなかったし、こちらからもメールしたりすることはなく、時間だけが過ぎていった。そんななか遂に、「飲みに行こう」と連絡が来た。そして「俺も来月、辞めることにしたよ」との一言が。やはりだ。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録外伝-6】ついに恐れていた事態が!無職40代中年男にかかってきた電話

自宅でPC作業をしていると、一本の電話がかかってきた。こんな暇な無職に電話をかけてくる相手は大体見当はつく。おそらくあの人だろう...そして、その用件もなんとな~くは予想はついている。スマホをのぞいてみると、やはりあの人からの着信。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録外伝-5】無職40代中年男の最後の勤務。

帰りの電車の中で窓の外を見ると、桜がちらほら咲き始めていた。思えば、この時期はいつも無職かアルバイトだった。なんでこんな人生になってしまったのか。きっとどこかで選択肢を誤ったのだ。もう取り返しがつかないのか、いや、始まりはこれからなのか。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録外伝-4】無職40代中年男、Aさんに逃げられる。

私がいつもやっている仕事のデータ集計を行ってもらうことになった。この作業結果は、実際にクライアントへ納品する書類のひとつとなる。ここで想定外の事態が起きた。なんとAさんが仕事を休んだのだ!奥さんが寝込んだのでその看病のためらしい。これに焦ったのが私だ。なにせ、期限まではあと一日、よくて二日しかない。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録外伝-3】無職40代中年男よりも仕事のできないAさんについて。

Aさんは仕事は早いのだが、雑なうえにオフィスソフトのスキルがあまりに低い。具体的にどのあたりが雑なのかというと、数字の扱いが適当だ。彼から提出された資料は大体の場合、データのつじつまが合わない。記録漏れがあったり、不必要なデータが入っていたり...そういったことが日常茶飯事なのだ。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録外伝-2】無職40代中年男が決心したこととは…

上層部の仕事内容を見てみると、将来、私が社員としてこの仕事を続けていくとしても、魅力的には思えなくなってきた。こうなると、もうアルバイトの契約更新をしたいとは思えなくなってきた。それにくわえて、契約社員や正社員登用の話がおりてこない。私はもう、ここでの契約を更新しないことを決めた。そして自分でなにかをやってみようと考え始めていた。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録外伝-1】無職40代中年男。その後の奮闘記。

経験職で応募したアルバイト先ではベンチャー企業だ。経験職ということもあり、大体の仕事内容は把握できているつもりだったが、それでもやはり職場環境などに不安が残る。特に初出社の前日は不安だった。これまで多くの転職を経験してきたが、こういうことは何回経験しても慣れるものではない。そして、ドキドキの初出社当日を迎えた。

Read More

【※最終回 無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-97】40代無職中年男のこれから

経験職のアルバイトに応募し、面接までたどり着くことができた。面接も無難に終わり、あとは結果を待つだけ。手応えは上々だった。結論から言うと見事、採用となった。しかし、身分はあくまでアルバイト。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-96】40代無職中年男が思い描いた未来

当初の目論見とおり、経験のある職種ということが書類選考通過の秘訣だったと思う。うまくいけば、ここから正社員のポジションを勝ち取ることだって夢ではないかもしれない。帰宅してこの日の面接の様子を妻に話すと、とても喜んでくれた。負け組人生を巻き返せるのではないかと期待していた。しかし、その3日後、私に届いたのは残念なお知らせだった。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-95】元管理職の40代無職中年のアルバイト事情

私は仕方なく日雇いのバイトも探してみることにした。少し前まではこんなこととは無縁の生活を送っていたはずのに...まあ辞めたのは自分だし、文句を言えないのが歯がゆい。負のスパイラルにどんどん巻き込まれている気がした。日雇いのほうは割とすんなりと仕事が決まり、6時間ほど働けることになった。交通費は自腹。一日働いて数千円の対価を得る。なんとも情けない話だ。

Read More