【転職回顧録】シリーズ一覧

【無職中年男は再就職できるか? 転職回顧録-83】無職中年男、出社二日目で戸惑う!

私の直属の上司が見当たらない理由を教えてもらった。なんと、契約期間満了のため、一週間前に退職していたのだ。契約期間満了ということは、私の上司となる人はそもそも契約社員として入社していたのか?そして、契約を更新することなく退職したのか?ということは私もまさか契約社員?

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-82】無職中年男、再就職成功後の初出社!

始業時間になり、まずは引継ぎを行うため、別室の会議室に移動することになった。私に業務の説明をしてくれるのは、採用面接のときに私とやり取りをしていた女性と年配の男性だ。この女性は人事だったが、男性の方は先月退職した人だった。なぜ、退職した人が私に引継ぎを行うのか不思議に思っていたが、それはあとで質問することにして、まずは引継ぎに集中することにした。結局、その日は終日、業務内容の説明を受けてそのまま帰宅した。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-81】無職中年男の再就職は劇的な結末を迎えた

ついに待ちわびていた面接結果の連絡が来た!メールのタイトルには、ただ「ご連絡」とだけあった。 今までにはない斬新なタイトルだ。これだけでは合否の内容はまったく想像がつかない。 いいようにも悪いようにもとれる。おそるおそる本文を読んでみると、明後日会社に来てほしいという内容だった。タイトルだけでなく本文を読んでも状況が全く把握できない。OKともNGとも受け取れる。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-80】無職中年男の面接は手応えが全くなかった。結果は分かっていた…

面接官は5人。4人は50代後半くらいで、もう一人は40代後半くらいだ。5対1の状況はかなり圧迫感がある。何もしていないのに責められている感じだ。内容はごくごく一般的なものだった。しいていうなら、今のアルバイトについて質問されたくらいだ。全体で3つくらいの質問数で、時間にして10分くらい。いや5分だったかもしれない。あまりにも手応えがなさすぎた。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-79】無職中年男は最大のミスを犯した。

面接もなにも書類選考に通過していたこと自体、このメールで初めて知った。もしかして...と思い、急いでメールボックスのゴミ箱を確認してみた。すると案の定、書類選考通過の連絡が入っていた。再三にわたって確認のメールを送ってくれていたが、迷惑メールと判断されて直接ゴミ箱行きになっていた。全く気付かなかった。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-78】無職中年男はついに金を無心した。

実家から一本の電話がかかってきた。父親が上京してくるという。長らく帰省していなかったこともあり、会うことにした。アルバイトもしているが、それだけでは足りず、貯金を切り崩して生活していることを打ち明けた。父は、経済的な支援を行うと言ってくれた。父はこのことを話すためにわざわざ上京してきたのではないか。そう思うと、涙が出そうになった。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-77】無職中年男がベンチャー企業の面接を受けた結果…

海外の企業はおしゃれなオフィスが多い。この企業も、そうした雰囲気を目指しているようだ。 パッとみるかぎり、こじゃれたカフェのようだが、どうにも中途半端だ。というか、センスがない... また、事務所内には有線放送でBGMが流れているらしく、私のいるところまで漏れ聞こえてくる。それはそれでどうかと思うし、あまり趣味の良い音楽ではなかった。また、社員が談笑している声も聞こえてくる。その声もどことなく下品な感じがした。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-76】何かをつかむため、転職フェアに参加した結果…

開始間もない時間帯にもかかわらず、会場はすでに多くの人で埋め尽くされていた。年齢層は幅広く、20代後半から50代だったように思う。私と同じように、藁にもすがる思いで参加している人はどれくらいいるのだろう。それとも順調にキャリアを積み、さらなるステップアップを目指している人ばかりなのだろうか。こういうところに来ると、周りと比較して自分がひどく低レベルな人間に思えてしまう。

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-75】やけくそで受けた家具工房の面接

電車で揺られること1時間。降りたのは今まで降りたこともない駅だ。 地図によると、場所はここから徒歩10分ほど。普通の雑居ビルの一室で工房らしくない外見だった。 面接してくれたのは社長だ。社長さんはこう言った。「うちは職人さんが多く、言葉遣いも荒い。あなたの経歴ではその環境に馴染むことは難しいかもしれない。」

Read More

【無職中年男は再就職できるのか? 転職回顧録-74】無職中年男は暴走の末、結婚情報産業の面接に挑んだ。

月々の支払は容赦なく襲い掛かる。 賃貸マンションとはいえ、家賃は家のローンとほぼ同程度で、決して安いものではない。 そんなわけで一刻も再就職を実現させるべく、半ばヤケ気味になりながら求人を漁っていた。「こうなったら、今まで目を向けていなかった業界も検討してみよう」そんな気持ちになった。とはいっても、全く興味がないものに応募しても仕方ない。「これは面白そうかも」というくらいの気持が沸けば、求人内容を見てみることにした。

Read More