Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

転職回顧録(番外編-1)

calendar

reload

スポンサーリンク

私には親友が2人いる。
大学時代の友人で、農学系研究室の同級生だ。
社会人になっても機会があるごとに連絡を取り合い、今でも年末に会って忘年会を開いている。

学部と大学院を通じて研究室が同じだったこともあり、異常に仲がよい。
みんな親元を離れて近所に下宿していたため、一緒に飯を食べたり、旅行に行ったりして生活の時間の多くを共にしてきた。

そんなこんなで楽しく学生生活を送っていたが、遂に就職シーズンを迎えた。

これまで勉強してきたことを無駄にするのはもったいない気がしていたので、化粧品会社、食品会社、化学会社、製薬会社にエントリーし、毎週のように会社説明会に参加していた。

しかし、内定が出ない。戦後最大の就職氷河期といわれていたころだ。
大手に行きたいと考えていたが、国立大学ではあるものの、東大や京大のような有名大学ではないので大手企業の研究職に就くことは難しい。

そこで、ソフトウェア開発の業種にも選択肢を広げることにした。
なぜ専攻してきた領域とは全く異なる業種に注目したかというと、当時はインターネット黎明期でWindows95が大きな話題となっていたからだ。

内定が出ないことに悩んでいた私はこの流れに乗って、SEになろうと考えた。

そうして、選択肢を広げて就職活動したところ、筆記試験や何回かの面接を経て、晴れてA社(転職回顧録-1を参照)から内定をもらうことができた。
ここは大手で勤務地も大都会だ。
私にとって未知ではあるが今後、絶対に伸びていく分野でもあるし、都会に住むこともできる。私は迷うことなく入社を決めた。

そして、冒頭の親友達は初志貫徹し、専攻分野を活かせる中小企業の研究職から内定を獲得していた。

今振り返ると、この時の親友たちの選択は、ミーハーな私よりも格段に優れていた。(転職回顧録(番外編-2)へ続く)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!