【転職回顧録-外伝4】40代無職。その後の奮闘記その3

さて、アルバイト契約を更新しないことにした私は、次の更新まであと二ヶ月ほどあるので後任のリーダーを決めてほしいと上司に伝えた。
一応、慰留はあったものの最終的には了承してくれた。

そうなると、困るのは上司の方だった。後任候補として適任者がいなかったからだった。
順当に行くと、次のリーダ―は私の先輩三人のうち誰かということになるが、どうやら、この三人に対する上層部からの評価はあまり高くはないようだった。

というのも、指示通りにしか作業できないことが原因らしい。私が彼らに抱いていた印象と同じだった。、どうやら、私がいきなりリーダーになったのは、そのあたりが大きく影響していたようだった。

かといって、新たに人を雇うというような金銭的余裕もない。
そこでやむなく、先輩三人のなかからAさんを次期リーダーを一名選ぶことになった。

このこの人事が決まった時、Aさんは随分喜んでいるように見えた。
おそらく私と同じように、正社員登用の道が開けてきたと思ったのではないだろうか。
そう考えると、当初、新参者の私が先輩達を差し置いてリーダー職に就いたのは、内心面白くはなかっただろう。

そして、ここから私の引継ぎが始まることになる。
そもそも私が引継ぎを受けた時は時間がないこともあり、内容はものすごく断片的で、それ以外はほとんど手探り状態でやってきた。
後で分からないことが出てきたときは前任者に電話して聞いたり、過去の資料を掘り返しながら必死だった。
そんな状態でなんとか形になるところまでドキュメントとして整備してここまでやってきた。
正社員と同等の仕事内容をやってきたと自負がある。

だからといって、それをAさんにも強要するつもりはなかった。
時間の許す限り、私が作った書類をもとにリーダー業務を引き継いだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しかし、大きな問題点があった。
それはAさんの仕事の雑さとオフィスソフトのスキルがあまりに低いことだ。

彼は仕事は確かに早いのだが、あまりにおおざっぱだ。
リーダーとしての仕事内容の一つとして、週に一度、それまでの作業内容を数値化してデータに落とし込む作業があるのだが、この作業には何度も泣かされた。
原因はこのAさんだ。

なにせ、彼から提出された資料には、つじつまの合わないデータが多数見つかった。
記録漏れが散見されたり、また、その逆に不必要なデータを入っていたり。
おそらく、後工程のことを考えて丁寧に仕事をするという姿勢や、確認するという概念が欠けているのだろうと思う。きっと、とりあえず数字が入っていればあとは何とかしてくれるという意思が透けて見えた。

そのたびに私が全データをひっくり返してなんとか辻褄を合わせてきたのだ。
しかし、これからはAさんがそういった集計作業を行うことになるが、大きな不安が残る。

もし今後、集計作業でトラブルが発生したとき、Aさんが対応できるかどうかだ。
そこそこのエクセルの知識や各種ツールの操作が必要になるが、Aさんには難しいように思えた。なにせ、CSVや簡単な関数さえも理解できていない。
重要なポイントは伝えたはずなのだが、自主的に勉強したりしている気配は見えない。

上司にはそのことを伝えた。
すると、その上司もかなり不安な表情をしていた。
念のため、必要なことは紙に書いてAさんに対処法をレクチャーしたが、どれだけ役に立つのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク