無職、独身。絶望のハローワーク。【転職回顧録-倒産編3/8】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

あらすじ

絶望のなか、倉庫のアルバイトで汗を流す毎日を送っていた。

自暴自棄になりながらも一縷の望みをかけて求人を探していると、一件の気になる求人を見つけた。

わずかな希望が見えてきたかもしれない。

私はこのまま腐って朽ちていくのか、それとも希望の光は見えるのか?

無職男の絶望の毎日。もうだめか。

倉庫で働きながら、転職サイト、ハローワーク、エージェントなど、考えられる色々な媒体を通じて求人に応募した。

その当時33歳。

決して若いとは言えなかったが、再スタートとしてはギリギリの年齢だと思っていた。

しかし、そう思っていたのは自分だけのようだった。

企画書を書いて応募書類に添付したり、自分の熱意を示すために色々な工夫してはみたものの効果は全くない。

採用側からしてみれば、一貫したキャリアのない私ような人物は敬遠したい応募者とみなされていたのだろう。

書類選考すら通過しない日々が半年近く続いていた。

当時は毎日のように求人を検索し、三日で二通の応募をノルマにしていたが、それでも時間を持て余してしまうことがあった。

そうなると、定職についていない自分に自己嫌悪する。

そんな気持ちを紛らわすために、積極的に近所を散歩したり図書館に通っていた。これならばお金を浪費しないで済む。

とはいうものの腹は減る。節約を心掛けていたが、それにも限度がある。

アルバイトはしていたものの、それでもお金が足りなくなると実家に仕送りを頼む。

これほど情けないことはなかった。散歩しながら涙が出そうになった。

こんな生活がいつまで続くのか、俺はもうダメなのか、実家に戻ったほうがいいのか、そんな思いが頭の中をグルグルと駆け回っていた、

そんなある日、いつものようにハローワークで仕事を探していると、ぜひともやってみたい仕事を見つけた。

この求人は、隅から隅まで舐めるようにして奇跡的に見つけたものだ。

仕事内容も勤務地も給与も申し分ない。なんでこんな案件がハローワークなんかに出ているのだろうと不思議に思ったくらいだ。

ただこれほどの条件であれば、その競争率は恐ろしい数字になることが予想されたので、念のために現在の応募状況を聞いてみた。

応募締め切りまで一か月以上あるにもかかわらず、すでに50倍を超えていた。

最終的にはこの倍はいくだろう。

絶望的な数字だ。ヤル気が一気に削がれていく。

スポンサーリンク

絶望の無職男が一縷の望みを託したお宝求人

この案件は隅から隅までチェックしないと見つからないようなお宝求人だが、それを見つけることができたのは私だけではなかったのだ。

倍率がこうも高いと挑戦するだけ無駄かもしれないので、応募するかどうか迷った。

でも失うものはないのだから、不採用だったとしても痛くもかゆくもない。

そんな心の声が聞こえてきた。

そこで、ダメもとで応募してみることにした。

きっとものすごい経歴の人が何人も応募しているのだろう。そんな人たちに勝るポイントは私には何一つない。

そこで、とにかく年齢と熱意だけでもアピールすることだけを心掛けた。

どうせ時間を持て余しているんだし、納得のいく応募書類を作ってやろうと意気込んだ。

それにはまず、採用担当者の目に留まらなければ何も始まらない。

そこで、履歴書の幅など、フォーマットを大きくいじり、自分のやりやすいように書き換えた。もちろんPCで作成した。こんなものを手書きしていては日が暮れてれてしまう。

そして、嘘とは言わないまでも、ちょっとだけ話を盛った職務経歴書を作成した。

そしてやっと、全てを書き終えた後、それを何度も何度も見直して推敲を繰り返した。

時にはハローワークの職員にも見てもらい、第三者からのアドバイスももらった。

それらを書類に反映し、なんとか納得のいく書類を作り上げることができた。

さっそく最寄りの郵便局に行き、祈るような気持ちで応募書類を郵送した。

そこから待つこと2~3日。先方から電話があった。

それはなんと、書類選考通過の連絡!

絶望や失望が続いた中で、少しだけ希望の光が見えてきた。
やっとつかんだチャンスだ!!

私は、この好機を逃してなるものかと意気込んだ。

===========

スポンサーリンク
◆ 転職回顧録-倒産編4/8へ続く↓↓

もう後がない。絶望の毎日から抜け出すため、一縷の望みをかけて臨んだ面接の結果は?

後がない無職男。再就職をかけた面接【転職回顧録-倒産編4/8】
やっとの思いで無職がつかんだ面接のチャンス。逆張り戦法で面接に臨んだ結果は?
スポンサーリンク