これがハナキンの威力か!無職40代中年男と金曜日

無職40代中年男にとって平日はいつも罪悪感にさいなまれる。
というのは、40をすぎたいい歳の男が働きもせず、日中、家でパソコンをカタカタしているだけだからだ。

これが自営業でバリバリ仕事しているならそういった気分にはならないだろうが、まだ私はその状態にまで至っていない。
前職からの書類の郵送待ちだったり、少し足踏み状態なのだ。

これはこれで仕方がないことなので、その間はブログ収益化のための仕組みづくりや事業の構想を練る時間にしてはいるのだが。

本当ならば家にこもるのではなく、図書館などへ行きたいのだが、近々、注文したパソコンが配送されてくるというので、その受け取りのために家にいなければならない。
しかし、困ったことに、このパソコンがなかなか届かない。

そのせいもあって私は最近、日中のほとんどを家で過ごしている。

こうして家にいると、道路工事の音や、家の前を通るバスの音がする。
いつもなら気にも留めないが、こうした生活音がやけに気にかかる。

しかし、生活音がうるさいというわけではない。
むしろ適度な騒音があった方が落ち着く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ではなぜ気にかかるかというと、音がするということは、色々な人が活動しているからだ
無職でいるということは、こうした人々が活動する社会から切り離されているように感じてしまう。つまり、無職は疎外感を感じているのだ。

こう感じるということは、私は引きこもり体質ではないとうことなので、まだ人生を楽しめる証拠でもある。それだけは救いだ。

ただ、こんな無職40代中年男にも金曜日は少しホッとできる日だ。
これまで働いてきた習性なのかもしれない。
といっても、土日にどこかへ出かけたり友人と会うわけでもないのだが、休日前ということで人並みに少しウキウキする。

お出かけする代わりに、次のブログの新シリーズでも考えてみよう。
そう考えると結構、ワクワクする。
今の私の状況は、ブログが仕事に直結しているようなものなので、これはこれで多少の充実感を得ることができる。

人間って、孤独でいられるほどタフではないし、無感情でいられるほど淡白でもない。
人と関わり合いながら、喜怒哀楽を感じながら生活することの重要性をひしひしと実感するようになった。

今日は妻が仕事のために外泊予定だ。もちろん、夕飯の準備はない。
そこで私は今日、駅二つほど離れたお気に入りのラーメン屋に行ってこようと思う。
人に紛れて好きなものを食べる。
40代無職中年男にとって、これこそまさに至福のときだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク