Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

40代無職が心苦しく思うこと

calendar

reload

スポンサーリンク

嘘をつくのは心苦しい。

前職を辞めたことは、実家と義理実家以外には誰にも話していない。
嘘をつくつもりはないのだが、言い出しにくい。

長く就職活動した末になんとか入社した会社だったのでなおさらだ。
私自身も、まさかこうなるとは思ってもいなかった。

知人に会うたびにこう言われる。
「新しい仕事の調子はどうだい?」

私はこう返す。
「まだまだ分からないことだらけですが、忙しくやってますよ。」
ほぼ定型句みたいなものだ。

私の結婚式に出席してくれた人が近所に住んでいる。
その人は、夕方ごろ付近を歩く私の姿をたまに見かけるのだそうだ。
有給休暇ということにしているが、あまり頻繁にこの言い訳を使うことはできない。
おそろしいことだ。変に勘繰られたりしないだろうか。
平日昼間の散歩や買い物は、なるべく裏通りを使うことにしよう・・・

でもやはり、嘘をつくのは心苦しい。
本当は無職なんです。アルバイトですら断られるんです。

実家の両親には、周りの人に相談してみろとよくいわれる。
たしかにその言い分もわかる。

でも言えない。
転職と退職を繰り返して心配をかけた挙句、この前入ったばかりの会社をまたすぐに辞めてしまったなんてとても言えないのだ。

案外、私と同じような経験のある人は多くいるのではないだろうか。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!