Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

【PCお役立ち無料ツール】Snipping Toolの使い方を解説

calendar

reload

スポンサーリンク

最近、ブログにスクリーンショットを貼り付ける機会が増えた。

これまではprt scキーでスクリーンショットを撮り、必要な部分だけを画像加工ソフトで切り抜いていましたが、Windows10標準でついているソフトを使えばより効率的に作業できることが分かりました。

そのWindows10標準ソフトとは・・・

「Snipping Tool」です。どうやらWindows Vista時代からあるソフトだそうです。

Snipping Toolアイコン

「全てのアプリ」からこのソフトを探しても見つけられませんでしたが、デスクトップ画面左下にある「WebとWindowsを検索」欄に「Snipping Tool」と入力して検索すると見つけることができました。

Snipping toolを検索

使い方は簡単でした。
「Snipping Tool」のアイコンをダブルクリックすると、画面全体が白いモヤにかかったような状態となり、Snipping Toolの小窓が表示されます。その小窓にある「新規作成」ボタンを押すと十字カーソルが表示されるので、このカーソルを使ってスクリーンショットの範囲を切り抜きましょう。

新規作成画面。画面全体に白いモヤがかかる。

そうすると切り抜いたイメージを表示した新たな小窓が表示されるので、画面左上の「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択しましょう。ファイルの保存形式はJPG、PNG、GIFなどから選択することができます。

ファイル→名前を付けて保存

非常に便利なツールなので、ブログや資料にスクリーンショットを貼り付けることが多い方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
この他にも便利な使い方があればぜひ教えてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!