【PCお役立ち無料ツール】Windows10の付箋ツールSticky Notesを解説【PCお役立ちツール】

◆人気記事◆

ちょっとしたメモを残したいとき、みなさんはどうしてますか?
私は付箋を貼ってます。
でも、100均で買った付箋ではありません。
タダの付箋です。無料なんです。

しかも紙ではありません。
紙だと粘着力が落ちて、知らない間にどこかに落ちてしまう可能性があります。

そんな時はPC画面に表示させることのできる付箋ツールを利用しましょう。
そのツールの名前は「Sticky Notes」です。

でも、インストールとか難しいし、めんどくさいんじゃないの?

いいえそんなことはありません。
だって、既にみなさんのパソコンにインストールされているのですから。
だから無料なんです。

スポンサーリンク

ではさっそく見ていきましょう。

1. デスクトップ画面左下のWindwsボタンをクリックします。

Windowsボタンをクリック

スポンサーリンク

2. Windwsボタンをクリックすると、下からツールバーがニョキっと出てきます。このバーの中の「S」の項目から「Sticky Notes」をクリックしてください(赤枠)。

Sticky Notesをクリックして選択

3. デスクトップ画面上にSticky Notesが現れます。

4. 背景色を変えることができます。Sticky Notesのゴミ箱マークの横にある「・・・」をクリックしてください。6色のなかから好きな色を選ぶことができます。

赤枠のメニューから背景色を変更

背景色変更設定

背景色をピンクに変更

5. 付箋の内容は自動保存されますので、「ctrl+s」などで保存する必要はありません。また、ショートカットキーで文字の装飾が可能です。「ctrl+U」で下線、「ctrl+I」で斜体となりますが、フォントサイズの変更はできませんでした。分かり次第、アップしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする