Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

無職とストッキング

calendar

スポンサーリンク

いたたまれない。

昨日、テレビを見ている私のところにストッキングを手にした妻がやってきた。どうしたのか聞いてみた。

ストッキングに穴が開いたので糸で補修して使っていたが、もうそろそろ限界なので新しいものを買いたいということらしい。

非常に申し訳なく思うと同時に、そんな思いをさせている自分が情けないやら悲しいやら・・・

ストッキングくらいいくらでも買えるし、裕福ではないが明日の食費にも困るほど困窮しているわけでもない。しかし、無職の後ろめたさから何も買わなくなった私をみて、妻なりに節約して暮らしているのだ。

いたたまれなくなった私は、お金をおろしてくるので好きなものを買ってほしいと伝えた。

自分の卑屈さが、知らぬ間に周りを息苦しくさせているのではないだろうか。

無職を自覚し節制した行動をとる。それを心がけることに越したことはないのだが、あまりに行き過ぎると周囲に迷惑をかけてしまう。

ほどほどの加減が難しい。

根本的な解決策は、収入源の確立だ。
一番近くにいる人を早く安心させてあげたい。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!