専門家の凄み

◆人気記事◆

この前、なにげなくテレビ番組を見ていてハッとしたことがあった。

普段、音楽番組を見ることはほとんどないのだが、その時はたまたま、つけっぱなしにしていたテレビをなんとなく見ていた。

スポンサーリンク

新進気鋭の音楽プロデューサーが、ブレイク間近のバンドを紹介するといった内容だった。

私が感銘を受けたのは、その音楽プロデューサーがイチオシのバンドを紹介していくときの表現だ。具体的に言うと、どうやったらその言葉が出てくるの?というくらい表現が巧みなのだ。明解かつ簡潔、それでいて情景が頭に浮かんでくるようだったのだ。

スタジオ内での口頭発言ではなく紹介文を字幕に表示していたので、前もって別の場所で考えた文章だと思うが、それにしてもプロとしての凄みを感じた。

スポンサーリンク

その音楽プロデューサーはあるバンドのメンバーだったそうだ。私もそのバンド名は聞いたことがある。そのバンドが解散してからプロデューサー業に進出したらしい。

天性のものもあると思うが、本当に音楽が好きで色々と勉強して実力を付けたんだろうなあ。

勉強して習得した知識には凄みがある。見習いたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする