Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

40代無職がロースカツ定食を食べた

calendar

reload

スポンサーリンク

契約社員になれなかったことが分かり、ガッカリしていた。
言いにくかったが、妻にもそのことを報告した。

すると、気分転換を兼ねて、近所にあるチェーン店のとんかつ屋でなにか食べてきたら?と言ってクーポン券を渡してくれた。
気分がくさくさしていたので、ありがたくその提案を受けることにした。

ここ最近、外食などしていなかったので落ち込んでいた気分が少し上がってきた。

久々に飲食店に入った気がする。
まだ18時なので、店内はあまり混んでいない。

このクーポン券を使うと、ワンコインでロースカツ定食を注文することができる。
さっそく、クーポン券を渡して注文し、スマホを見ながら待っていた。

待つこと5分。
ついに注文の品がきた。
やはり店で食べるものはうまい。
理由は分からないが、家で食べるものとはどこかが違う気がする。

そこへ、現場での仕事を終えたと思われる交通誘導の警備員の人たちが入店してきて、私の斜め前の席に座った。
この猛暑の中、一日中立っているので真っ黒に日焼けしてる。

仕事終わりの夕飯はさぞかしうまいだろう。

それに比べて私はというと、大して日焼けもしておらず、Tシャツを着たただのおっさんだ。一日中自宅にこもり、PCに向かってキーボードを打っているだけ。
しかし、それでも腹は一丁前に減るのだ。

席が近いので、嫌でも彼らの話が耳に入って来る。
どこの現場は~でなど、仕事の話が中心のようだ。
きっと、仕事の愚痴などだろうが、彼らの表情を見ていると少し誇らしげだ。私が無職だからついそう感じてしまうのかもしれない。

急に、全く社会に貢献していない自分が恥ずかしくなり、急いでご飯をかき込んだ。
注文したロースカツは端っこの一かけらが残っていた。
この辺りになると脂身だけだが、それも大急ぎで食べる。肉の味はあまりしない。
何でもいいから働けば、この脂身もおいしく感じるようになるのかもしれない。

口の中のものをお茶で流し込み、逃げるように店を出た。

どうも卑屈になってしまいがちだ。
早くこんな精神状態から抜け出せるよう、帰宅してからもう一度求人を探してみようなどと思いながら帰宅するのだった。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!