平日の図書館は無職にとって最高のオアシス

スポンサーリンク
◆人気記事◆
スポンサーリンク

無職にとって平日の図書館ほど居心地のいい場所はない


家にいると気分が落ち込んでしまうので、特に平日はなるべく外出するようにしている。

しかし、金があるわけではないので、ファミレスやネットカフェなどで時間つぶしすることはあまりできない。

しかし、そんな無職に最適な施設がある。

それは図書館だ。

まず、空調が効いている。そして、何時間いても怪しまれたり注意されたりすることはない。さらに、就職関連のパンフレットも置いてある。

こんな至れり尽くせりの施設が朝から晩まで無料で利用できる!

というわけで、私は毎日、図書館に通ってブログを書いている。

ここはまさに無職中年男のオアシスだ。

夏休みなどの長期休暇や休日でない限り、平日は図書館利用者も少なく、自習室が空いているので快適だ。

さて、平日の図書館利用者は50代~70代といった年齢層が多く、私のような40代は比較的若いほうだと思われる。

そんな図書館も夕方からは勉強をする中学生や高校生も見受けられる。
きっと、受験勉強をしているのだろう。

私のような無職にならないよう、いい学校に入って若いうちからコツコツとキャリアを積んで将来困らないようにするためにも、学生時代にしっかりと勉強してほしい。

スポンサーリンク

そんな図書館にも闇はある

1、2時間ほどブログを書いているとさすがに少し疲れてくる。

そんな時、休憩がてら蔵書を眺めていると、不景気ということもあり、就職関連コ-ナーという一区画が設けられている。

そこには二~三人の人が本を眺めている。彼らも求職者なのだろう。

どの人もこの図書館で見かける人達だ。

なかには、「もしかしてホームレスか?」と思われるような人もいる。

こんな風景に図書館の闇を感じてしまう。

私も無職となってしまった今、決して対岸の火事ではない。

そして私もこのコーナーに人がいなくなったことを見計らって本を見てみると

”中高年ワーキングプア”や”ホームレス労働者”などをテーマにした本に目がいってしまい、ついつい手に取ってしまう。

スポンサーリンク

在職時には気にもとめなかったが、無職となった今では本当にこわい。
明日は我が身とはこのことだ。

さて、この図書館は比較的大きく自習環境も整っているので、私のような無職者が勉強やパソコン作業するには非常にありがたい。

贅沢を言うなら、フリーWi-Fiを提供してくれるとうれしい。

外出先でのネット接続にはモバイルルーターを利用しているのだが、長時間ネット接続しているとあっという間にパケット量の上限が来てしまうからだ。

何をするにもお金がかかってしまうのは本当につらい。

でも、まだこうしてネットができる環境にあるだけマシなのかもしれない。

アルバイトもまだ決まっていないため、少しでも早く働いて収入を得なければ…

カテゴリ別記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク