【40代無職中年男のお小遣い稼ぎ-1】なかなか売れるもんじゃないが、どうなるか?

スポンサーリンク

40代無職中年男の健康診断

ここ半月くらい、色々あった。

精神的にも結構疲れたが、まだなんとかやれている。それもこれも健康だからだろうと思う。
体が資本とは昔の人はうまいことを言う。

だけど、それもいつまでもつか分からない。最近は昔みたいに簡単には体重が減らなくなった。

父型の家系はもともと糖尿病持ちが多いので、私もその傾向にある。まだ具体的な症状は出ているわけではないけれど、私は甘いものが好きだし、最近は運動もしていない。

このまま不摂生を続けていると確実に糖尿病になりそうで怖い。

最近はなんだか首もいたい。肌も少し乾燥気味だ。それ以外には大きな体調の変化はないけれど、ここらあたりで健康診断でも行ってみようと思った。

前回は昨年の6月くらいに診てもらったので、大体一年くらいたっている。時期的にはちょうどいいかもしれない。

そこで、近くの病院でひととおりの検診を受けてきた。

無職であることの唯一のメリットは、こういうときに時間を気にせず思い立った時に行動を移せることだ。

受付のときに「会社に提出するんですか?」と聞かれたので思わず「はいそうです。」と答えてしまった…

そこから待つこと10分。さっそく心電図やレントゲンを撮ってもらい、とりあえず異常がないことがわかった。

次に腹囲の測定。自分でも気付いていたが、ちょっと太り気味らしい。メタボとまではいかないけれど、その予備軍ということだった。これまではそういうことには無縁だったのでちょっとショックだった…

あとは血液検査や尿の値がどうなっているかが心配だ。検査会社に調査を依頼するらしいので、この結果が出るまでには一週間かかるということだった。それまで少しドキドキ待たなければいけない。

帰り道、スーパーで思わず豆乳と粉末青汁を買ってしまった…健康診断を受ける度にいつもやってしまう。いつまで健康食生活を継続できるか…

とりあえずは今週末からランニングでもしてみようか。

小遣い稼ぎとしてのフリマサービス。その結果

さて、今回の健康診断の料金は\15,000だった。

健康のことにお金を出し惜しみしたくないが、それでも無職40代には結構な出費だ。できれば、この出費をどこかで捻出したい。

ということで、以前から興味のあったフリマサービスを利用して自宅の不用品を売ってみることにした。

これから一人で商売するのだから、ちょうどよい勉強になりそうな気がした。

まず手始めに、どんなものが売られているかをチェックしてみると、値段も質もピンキリという感じ。こんなもの誰が買うんだろうというものからプロによる出店のようなものまで色々あった。

とりあえず、我が家の不用品のうちで比較的売れそうなコーヒーカップやインテリア雑貨を出品してみた。

ただ出品するだけでは売れるハズがないと思ったので、調べてみるとそれなりのコツがあるようだった。

色々と細かなことはあったが大まかにいうと次の二つだった。
1.キレイな商品画像をとること
2.商品説明や出品した経緯を詳細に記載すること。

よくよく考えると、そりゃそうだと思えることばかりだったが、案外できていない人も多い。実際に他の出品内容を見てみると、確かに片手間感が丸出しのものが6~7割といったところ。

まあこんなのは普通、副業でやるものだから、売れれば儲けものくらいといった感じなのかもしれない。

とりあえず家にあった板やスタンドを使って自作の撮影ボックスを作って、そこそこキレイな商品画像を撮影し、丁寧な商品説明を付けてみた。

この商品説明にはブログで勉強したSEOの知識が少し役立った。こんなところでブログが役に立つとは思わなかった。

そして待つこと1時間。さっそく1件の通知があった。ドキドキしながら内容を確認してみると、出品した商品についての問い合わせだった。

スポンサーリンク

取引が完了したわけではないが、反応があっただけでも嬉しい。

さて、これが無事に売れるかどうか、楽しみにやり取りしていきたい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加