40代無職貧乏男、タダ飯にありつく

8時半に起床した私。

その日は小雨混じりの寒い日だったので、外出するかどうか迷った。

しかし家にいてもゴロゴロするだけなので、重い腰を上げてハローワークに向かうことにした。

スポンサーリンク

ちなみに、最寄りのハローワークは自宅から歩いて10分位。失業保険の受給認定などもそこで行えるので、近隣の基幹地点となるくらいの大きな規模だ。

中に入ると20人くらいの人が既に仕事を探していた。

私もその中に混じって検索してみたが、いつもと大して変わらない検索結果が画面に表示される。

ため息をつきながらも念のために一件一件を調べてみたものの、残念ながらやはり、応募したいと思える求人は見つからなかった。

私は失意のままハローワークを後にした。

仕方なく勉強

せっかく外出したので、そのままいつものドトールへ向かうことにした。目的はもちろん資格試験勉強。本番まではあと一ヶ月くらいだ。

今度受験しようとしている資格は、業界内での登竜門的な位置付けで、以前合格した資格とは内容が異なる。

もともとは新卒入社した時に取得しようと思っていたのだが、仕事の忙しさにかまけて受験すらせず、ズルズルとここまで来てしまった。

だが今は時間だけはタップリとあるので、これを機会に自己研鑽しなければもったいない。そして、なんでもいいから刺激が欲しい。

合格率は大体20%くらいだ。

数字だけを見るとそれほど難しくなさそうにみえる。しかし、かなり専門的な内容なのでノー勉だと確実に落ちる。自分ではそこそこ難易度の高いものだと認識している。

そもそも40歳を過ぎた今、こうして再びチャレンジしようとしている理由は、キャリアを積んでこなかった自分の過去を振り返り、その後悔を清算するためだ。

そしてこれに合格することができれば、より上級資格も視野に入れており、この挑戦は決して無駄にはならないはずだ。

だが、これには批判的な意見もある。今更資格を目指すよりも、その時間を他のことに割いた方がよいとの考えからくるものだ。

この場合の『他のこと』とは再就職のことを指していると思うが、如何せん、それだけで一日を過ごすには時間がありすぎる。

有意義な時間を過ごすためには、就職活動しながら資格取得を目指すのが最善だと考える。

私のような男が小さな一歩を踏み出すにはこれしかないように思う。

意外な人物から突然の連絡

Image by William Iven on Pixabay

さて、今更言うまでもないが、資格試験にはお金がかかる。種類にもよるが、今回は受験料・参考書・問題集を合計すると20,000円ほどになる。

無職中年バツイチ男にとってはかなり痛い。

参考書や問題集はフリマアプリで入手ということも考えたが、手元に届くのに時間がかかる。

ということで、勉強に必要な本はほぼ全て、近所のブックオフで調達してきた。もちろん最新版のものは手に入らないが、1~2年位の型落ちなら結構見つかる。

試験内容の大幅な改訂がなければこれで十分だ。

若干の書き込みや使用感を我慢さえすれば定価の1/10くらいで買えるのだから、まったくいい時代になった。

そして私は、かき集めてきた古本の問題集と過去問を3周ほど回した。解き方は大体頭に入ったので、後はこれを体に叩き込むまで何回も繰り返すだけだ。

Image by lil_foot_ on Pixabay

演習を繰り返してきて、何となくではあるが合格までのイメージが湧いてきた。実力は確実に付いてきたように思う。

そしてドトールに向かったこの日も中古問題集と格闘していると、珍しく電話がかかってきた。

時刻は16時。

電話をかけてきたのは、少年スポーツ団のコーチ仲間である光岡さんからだった。年齢は50代半ばで、私の元上司にあたる人だ。

前回記事に登場した監督さんとはまた違う人物で、そもそも私がコーチになったのは、この光岡さんから誘われたからだ。

そして、無職バツイチという見るも無残な私の状況を知る数少ない一人でもある。

こんな中途半端な時間にどうしたのだろうと思いながらも電話に出てみた。

すると、出張先から直帰して早めに帰宅できそうなので、飯でも食べ行こうとの誘いだった。

食事の真相

Image by rawpixel on Pixabay

指定されたのは、このドトールの近くにある焼き肉屋だった。

18時に現地集合して二人でお店に入った。

決して高い店ではないが、それでも焼肉となるとちょっと値が張る。4~5000円はいくかもしれない。

ただ、こういう付き合いはやむを得ないと割り切り、なるべく高いものは頼まないことにした。

それにしても牛肉は本当に久しぶり。

普段は手軽に作れるシチューばかりを自炊しており、肉は手羽元オンリー。

鶏肉は安いのでとてもありがたい。いつも軟骨までガリガリとかじっている。

やがて注文した肉がテーブルに並び、レア加減で焼いた牛肉を堪能していると光岡さんは私にこう言った。

『ちゃんと飯を食べてる?今日はお金のことを気にしなくていいから、お腹一杯、肉を食べて栄養を付けなさい!』

これまでサシ飲みに誘われるということはなかった。それだけに私はてっきり、チームの運営方針についての話かなと思っていた。

しかし今日は、お金のない私のためにご飯をご馳走してくれたのだ。

きっと、元部下でもある私のことを心配してくれていたのだろう。その優しさにちょっと泣きそうになったが、お言葉に甘えてお腹いっぱい食べさせてもらうことにした。

40代中年男が他人に飯をご馳走になって嬉しがるなんて、本当に情けない話だ。

しかしその代わり、内定が取れたあかつきには真っ先に報告して、私の勘定で飲みに行くことを心に誓った。

予想外の嬉しい誤算はまだあった!

感謝しながら黙々と肉を食べていると、こんな話を持ち掛けられた。

『俺の知り合いの会社でバイトでもする?』

実は、そろそろアルバイトでもしなければと思っていた矢先だったので、こんなありがたい話はない。

ただ、資格試験勉強の時間が削られることになってしまうが、生活のためにはそれも仕方ない。

そもそも他の受験生は働きながら時間を捻出して勉強しているのだ。私だってそのくらいのことはしなければいけない。

気になる仕事内容は、簡単な書類整理。

その会社はDMを扱っており、返送されてきた郵便物の開封と仕分け作業でアルバイトを募集しているのだそうだ。

サイトなどの媒体は使わずに人員を募集しており、信用のある縁故でのみ採用しているという。そこで私に白羽の矢が立ったというわけだ。

時給は1500円。期間は二ヶ月。なかなかの好条件だったので私はその話に飛びついた。

すると、その場ですぐに先方へ応募する旨の電話をしてくれた。

単純作業だが肩慣らしにはちょうどいいはずだ。

そして形だけではあるが、簡単な面接を週明けに受けることになった。

アルバイトとは言え、初めての仕事に緊張はある。それに、この面接で不採用になってしまったら合わす顔がない。

色々と不安になったので、翌日、履歴書と職務経歴書をバッチリと用意した。きっとこれなら書類が原因で落とされることはないはず。

面接は明々後日。さて、どうなるか…

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。

コメント

  1. 古橋 より:

    これまでの記事を全て読ませていただきました。その中で塾講師の話が一番文章に活力があるように思え、塾を個人的に運営してみたらいいのではと素人ながらに感じました。

    • middle-man より:

      古橋様

      コメントありがとうございます。
      また、こんな当ブログの記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。

      塾講師のアルバイトは、確かに面白かったです。
      やはり、無意識のうちにそういうのが文章にも表れるものなんですね。

      このさき、どうにもこうにも行き詰ったら、そういう方向性も視野に入れる必要があるのかもしれません。
      貴重なご意見ありがとうございました。

  2. たかたか より:

    無事にアルバイト決まると良いですね。

    それにしても、元上司の方って本当にやさしいんですね。
    自分が弱っているときに手を差し伸べてくれる人は貴重ですから大事にしたいですね。

    • middle-man より:

      たかたか様

      いつもコメントありがとうございます。

      助けを差し伸べてくれるのは本当にありがたいです。
      いつか必ず恩返しを…と思う毎日です。

  3. 匿名 より:

    ささやかですがよかったですね!
    それにしても、普通なかなかこの状況で資格試験に気持ちが向きませんよ。すごいことです。

    • middle-man より:

      匿名様

      コメントありがとうございます。
      本当にささやかですが、かなり嬉しかったです。

      資格試験、頑張ってみます!