応募書類3回目の添削と今後の活動目標

アドバイザーに応募書類を添削してもらった。
これで三回目だ。

ある程度の書き方は自分の中で定まっていたこともあり、比較的早い段階でOKをもらうことができた。

出来上がったものを見ると、当初のものよりも随分シェイプアップされた感じだ。

スポンサーリンク

当初はエクセルで作っていたが、今回は履歴書も職務経歴書もワードで作成した。
一般的にワードは使いにくいとの評判で、私もそう感じて敬遠していた。

しかし、アドバイザーからの助言を受け、自分でも色々と調べながら作成すると、これが結構使いやすい。

改ページを考えなくてよいし、表の分割や文頭揃えなどを理解すれば、十分キレイな書式が出来上がった。

それだけでなく、編年体形式からキャリア形式に変更することで、転職回数の多さやキャリアのチグハグさも薄まった感じがするし、アピールしたい点も目立たせることもできた。

この二つが大きな収穫だった。

万人に適用できるわけではないかもしれないが、この書式を当ブログでも公開して情報を共有してみたい。

やはりプロの目から見てもらうとだいぶ違うものだなあと実感した。

なにをどうするか

昨日、さっそく2件の書類選考不通過を食らってしまった…

しかし、これにめげることなく、色々と応募していくだけだが、応募書類だけで全てがうまくいくわけではない。


まずは先ほどの書類選考不通過の原因を分析しなければならない。
今回の件で言うと次の3点が挙げられると思う。

1.年齢
2.企業規模
3.アピール不足

1は自分ではどうしようもなくお手上げ状態。今までフラフラしていた私が悪い…

2については転職サイトからの応募だったので、必然的に大企業の求人に目が付いてしまった。
中小企業も視野に入れなければいけないが、はたしてどの媒体から求人を探せばいいのだろう?

この点をアドバイザーに相談したところ、リクナビやマイナビは比較的若い層をターゲットとしているそうだ。
また、閲覧者数も多いので倍率も多くなる。
私のような中年では余程のキャリアがないと太刀打ちできなさそうだ。

そうなるとあとは、転職エージェントと仲良くなって色々な案件をもってきてもらうか、自社サイトで個別に募集しているところを見つけてこちらから電話してみるのも手だと言われた。

まあそのあたりはみんな考えているところなので、利用するエージェントを増やしながら、自分でも求人をしらみつぶしに探すしかないというところか…

おまけとしてアドバイザーからとしておすすめ転職サイトの一覧をもらったので、また紹介したい。

3については工夫が必要だ。最も効果的なのは資格取得だろう。
しかし、一ヶ月かそこらで簡単に取得できるものでは、私の年齢も加味するとアピールポイントとしては弱い。

試しに数か月前、少し勉強して資格を一つ取ってみたが、あまりに入門的なものだったので今は履歴書に書いていない。「この程度の資格しか持っていないのか」と逆に笑われてしまいそうだからだ。

そうなると、半年くらいの準備期間で取得できるものがちょうどよさそうだ。

どうせすぐに内定はとれないので、そのくらいの難易度のものがピッタリかもしれない。
応募と勉強を並行していけばいいだろう。

そう考えながら本屋をブラブラしていると、私の希望職種に活かせそうな資格を思い付いた。
このPCと手持ちの本でなんとか対応できそうだったので、今日からさっそく勉強をスタートする。

また、試験は随時実施されているので、機が熟したと思った時点で受験すればいい。状況次第では予想よりも短期間で合格できるかもしれない。

無職の目標

ということで、当面は求人の検索と資格取得が目標となった。

だからといって特に目新しいものはなく、言われてみれば当たり前というものばかりだが、自分なりの行動指針を定めたことで気持ちを少し落ち着かせることができた。

ただひたすら応募を繰り返すよりはいいかもしれない。
なにより、勉強時間を確保できることは恵まれている。

一つ心配なのは資金面だ。

アルバイトや副業でもして生活費を捻出しなければいけない。

まあ、中年無職ではそれも仕方ないことだ。
厳しい生活になることは間違いないがやむを得ない。

そんな時、タイミング悪く学生時代の友達から忘年会のお知らせが来てしまった。
これは毎年行っている恒例行事だ。

場所は大阪。交通費や宿泊費がかさんでしまうので参加するかどうか悩んだ。

それに加えて、昔の会社の同期から飲み会のお誘いまで来る始末…

しかし、ここはどちらも参加することにした。
いかに無職だからと言っても、人とのつながりは大事にすることにした。

人生の新章が始まった気がする。

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加