ついに…待ちに待った連絡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイトで生計を立てようか…

前回の面接から一週間が経とうとしていた。

そしてタイミングよく、いつもの知り合いがアルバイトを紹介してくれた。

時給1,000円。交通費もちゃんと出るし、残業もない。

仕事内容はほとんど内職のようなものだ、
細々としたものを小さい箱に詰めたり、大量の郵便物を開封して仕分けしたりといった作業だ。

特に頭を使うわけでもなく、椅子に座って黙々と作業を行うだけ。
楽と言えば楽だ。

そんな仕事で月に15万円ももらえる。私一人の生活だけを考えると、贅沢さえしなければ生活できなくはない。

なのでついつい、『もうこんな生活でいいかな…』なんて考えてしまう。

しかし、このアルバイトだって常に声を掛けてもらえるわけではない。どう考えても今のままでは限界があるのだ。

スポンサーリンク

無職がアルバイトに必ず持っていくもの

ちなみにこのアルバイト先はかなり自由が利く。

ダラダラできるという意味ではなく、休み時間などは作業場でスマホを見ても構わない。私などはノートPCを持ち込んでいる。

では、なぜ私はそんなものをわざわざ持ち込んでいるのか。それは、面接の合否の結果をいち早く確かたいからだ。

連絡先にGmailアドレスを書いておけばスマホでも内容を確認できたのだが、プロバイダのメールアドレスを書いてしまったので仕方ない。

また、急な返信が必要になった時はスマホでポチポチ書くのは面倒だ。

そんな感じでバイト初日から一日、、、二日、、、三日と経過した。

Image by rawpixel on Pixabay

昼休みに新着メールを確認しても、何の音沙汰もない。

書類選考と違って面接まで進めば、合否の結果は必ず来るだけに不安が募る。

『もしかして紹介元のハローワークに不合格の連絡が来ているのでは?』

そんな不安が頭をよぎる。

面接ではかなりの手応えを感じていただけに、これでダメなら相当なショックを受けることだろう。もしそうなったら、しばらくはアルバイト生活を続けていくことになる。

はたしてこの40代無職バツイチ男は無事に年を越せるのだろうか…

さてここでまず、今の状況をおさらいしたい。

・食品会社(結果待ち、手応えあり)
・ドイツの外資系(結果待ち、手応えあり)

いずれも結果はまだ来ていない。

その日の私はいつものようにアルバイトに向かい、午前の仕事をこなした。

そしてお昼休み。

近所のコンビニで買ってきたオニギリを頬張りながら、いつものようにノートPCでメールをチェックしていると、受信BOXには食品会社からのメールが!

その結果は?

Image by William Iven on Pixabay

『やっと来たか!』

ドキドキだ。果たしてどのような結果なのか。

件名には、『次回来社日のご案内』と記されていた。

は?次回来社日?

とりあえずは、この前の面接は合格ということでいいんだろうか?

どうにもよく分からない趣旨のメールだ。

メールの文面を読んでみると、経営陣も含めて今後のことを話したいということらしい。印鑑を持参しろと書いてある。それ以外に必要書類はない。

要は二次面接のようなものか。変則的な選考フローだなぁ…

でも、とりあえずはホッとした。まあいいだろう。

訪問するのは来週の月曜日。アルバイトを休まないといけない。さっそく上司に、次の月曜を欠勤することを告げ、帰宅途中でクリーニングに出していた一張羅のスーツを引き取りに行った。

スポンサーリンク

さて、私の今後はどうなるのか

そんなこんなで当日になった。

この訪問は二次面接なのか、それともただの顔通しだけなの意味合いなのか。

いまいちよくわからないままわたしはまたこのビルに来た。

前回の面接でも使用した会議室に通され、私は緊張の面持ちで椅子に座って待っていると、役員と思しき男性二人と30代半ばの女性がやって来た。

簡単なあいさつを交わし、席に着くと早速今日の趣旨を告げられた。なんでも今日は、お互いの自己紹介と、今後についてのすり合わせをしたかったのだそうだ。

つまりはそ内定ということだ!。薄々はわかっていたが、それでもやはり、かなり嬉しかった。

これでやっと無職生活から抜け出すことができる。本当にやっとだ。

離婚を経験しながら一年以上かかり、やっと暗く先の見えないトンネルから抜け出せることができたわけだ!

Image by Malachi Witt on Pixabay

しかし、私には一つ気がかりなことがあった。それはもう一つのドイツ系企業のことだ。

そちらの結果を待ってから、内定を承諾するか否かを決めたかったので、二週間、承諾を出すまでの期間を待ってもらうことにした。

正直、二週間は結構長いと考えたが、ダメ元でお願いしてみると意外にもOKとのことだった。

その日は結局、業務内容等を含めた労働条件の確認をして、小一時間ほどで終わった。

気になる給与は全盛期よりダウン。三分の二ほどだ。

むしろ考えようによっては、この程度で抑えられて幸いだったのかもしれない。

卑屈になるわけではないが、ブランクのあるこんな40代を雇ってくれるというのだから、ここからまた頑張っていけばよいのだ。

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

私の転落人生はここから始まった。

中年底辺な40代無職による再就職ブログ。ブラック企業体験記【転職回顧録-序章1/1 】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ついに…待ちに待った連絡』へのコメント

  1. 名前:転職族 投稿日:2019/12/26(木) 12:15:23 ID:2323519e0 返信

    全然更新されないですね。

    せめて最終的にどこに就職したか、くらいまではさっさと更新した方が良いのでは?
    みんな更新待ってますし。

    それでブログは完結させて、ブログから離れてしまえば良いじゃないですか?

    • 名前:middle-man 投稿日:2019/12/31(火) 11:51:15 ID:e8d453642 返信

      転職族様
      コメントありがとうございます。

      体力的に忙しくなり記事更新が滞っておりましたが、先日、やっと結末を皆様にお伝えすることができました。
      大変待たせいたしました。

      ブログはまだまだ続いていきますので、どうぞ気長にお付き合いください。

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/11/28(木) 21:17:58 ID:158368427 返信

    応援してくれた周りに感謝せんとな。
    今後も謙虚に生きて行ってください。

    • 名前:middle-man 投稿日:2019/12/31(火) 11:53:10 ID:e8d453642 返信

      匿名様
      コメントありがとうございます。

      ブログの読者の皆様やリアルの知人など、応援してくれた皆様には本当に感謝です。
      どうもありがとうございました。

      来年も当ブログをお楽しみください。

  3. 名前:足柄 投稿日:2019/11/24(日) 02:32:16 ID:d7ea5ce8e 返信

    こんにちは。
    お仕事が決まって良かったですね!(^0^
    本当におめでとうございました。
    挑戦し続けたあなたの勝利ですね。 今後の活躍をお祈りします。

    • 名前:middle-man 投稿日:2019/12/31(火) 13:23:03 ID:e8d453642 返信

      足柄様
      コメントありがとうございます。

      ご心配いただきありがとうございました。
      気持ち的にはやっとスタートラインに立った気分です。

      これからどうなるか、ぜひ見届けてください。

  4. 名前:匿名 投稿日:2019/11/23(土) 23:14:19 ID:860eb1b4e 返信

    おめでとうございます!

    • 名前:middle-man 投稿日:2019/12/31(火) 13:24:01 ID:e8d453642 返信

      匿名様
      コメントありがとうございます。

      これからもよろしくお願いします。