【必見・必聴】勇気と希望を与えてくれる動画

最近の私の趣味

私はYoutubeをよく観る。

最近では、テレビよりも視聴する頻度が高い。
よく見るのは、サッカーのプレー集や動物もの。

たまに、感動するような動画に出会うこともある。

スポンサーリンク

その日も何の気なしに検索結果の一覧を眺めていると、ふとある動画に目が留まった。

その動画の内容とは

それは、ホリエモンが近畿大学の卒業式でおこなったスピーチだった。

あらかじめ言っておくと、私はホリエモン信者ではない。特に、斜に構えた話し方が好きではない。

たしか数年前、衆院選に立候補して遊説していたときは平身低頭、ニコニコしながら沿道の人達と握手していたので、我々が想像する以上にしたたかな人物なんだろうなあと思っていた。

そんな印象を持っているくらいなので、わざわざ彼の動画を探したりはしない。

それにもかかわらず、なぜか、このスピーチの動画が検索結果に出てきた。

暇だった私は興味本位でその動画を見てみた。時間にして15分くらい。

時折、壇上のホリエモンがアップになる。
その表情は真剣そのものだった。

少なくとも私には、自分の考えを学生たちに伝えたいという真摯な思いが現れているように見えた。

その姿は、スタンフォード大学の卒業式でスピーチしていたスティーブジョブスの姿にダブる。

両者を比較してはいけないと思うが、おそらく、そういった効果を狙って、近畿大学はホリエモンに登壇を依頼したのだろう。

気になるそのスピーチの内容を一言で言うと、「今を生きろ」というものだった。
よくある紋切り型の祝辞よりもはるかに説得力があった。

率直に言うと、勇気をもらえた。

このスピーチは、具体的にはこんな内容だった。

今を精一杯生きる

これまでは、学校を卒業して会社に入り、やがて家庭を築いて、定年を迎えるという人生が当たり前だった。

しかし、これからはそのような人生を送ることのできる人はごく少数になりつつある。

これまで描いていた人生の未来予想図はすでに崩壊しており、危機感を持たなければ、この先を生き残ることはできない。

未来のことはもう予測不能な状況となってしまったため、将来のことをあれやこれやと心配したってしょうがない。

でも、悲観する必要はない。

未来は楽しいことだらけだから安心しろ。
技術が進歩し、それまで考えられなかったようなことがどんどんと起こる。

未来が予測できないからこそ、今をしっかりと生きることが大事だ。

もしかしたら、学校を卒業したての若い人には、この内容はピンとこないかもしれない。

しかし、未来に怯えている不安だらけの40代無職な私の心には響くものがあった。

自分自身、今のままでいいとは考えていないし、将来のことが怖くてしょうがない。
でも、あえてその気持ちを無視して、今を精一杯生きてみようという気持ちになった。

仕事やプライベートで悩んでいる人は一度、この動画を視聴してみてはいかがでしょうか。

結構、勇気をもらえます。

これとあわせて、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行った式辞の様子を収めた動画もおススメです。

彼によると、一見、無関係に見えることでも、それらは後々、つながりを持つようになるそうです。

そして、有名なこの一言↓

Stay hungry, stay foolish.

どちらの動画もYoutubeで視聴することができました。

ヤル気がなくなった時や挫けそうになった時、勇気を与えてくれる処方箋となりますよ。

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

このリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    現実逃避と、勇気が出るのとは全然違う。誰かに教化されるのは心が弱ってる証そして、這いあがることのできない者の証。

    • middle-man より:

      匿名様

      コメントありがとうございます。

      「誰かに教化されるのは心が弱ってる証」という考えは勉強になりました。