40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】

スポンサーリンク

私は40代の男性です。
世間一般的には、働き盛りと言われている年齢になります。

しかし、無職・失業者になる道を自ら選び、今現在も無職生活を送っています。

そもそも私はなぜ、仕事や会社を辞めてしまったのか?

このブログは、会社を辞めたい、仕事を辞めたい、そんな30代、40代、50代という同年代の男性に向けたものです。

もちろん、それ以外の年代の方や女性も大歓迎です!

なかでも【転職回顧録】シリーズには、倒産・パワハラ・クビ・フリーター生活という私の経験談を綴っています。

また、トップページには【転職回顧録】シリーズの記事一覧がありますので、ぜひご覧ください!

それでは、本編のスタートです。

40代無職男の絶望ブログ

40代、無職、絶望、不安、中年。

ネガティブな言葉は大体、私にあてはまる。

倒産、クビ、パワハラを立て続けに経験して全てが嫌になり、転職先も決まっていないまま、周囲の反対を押し切って仕事を辞めた。

このままいくと精神的なバランスを崩してしまうという危機感を覚え、会社を辞めたい、仕事を辞めたいと思うようになり、40代の働き盛りにもかかわらず無職となった。

そしてまたここに絶望的な40代無職中年男が生まれた…

スキルと呼べるものは特にない。あるとすればエクセルを多少使えることと、HTMLやCSSの知識が多少あるくらいだ。

ちなみに、この状況は身内だけが知る極秘事項だ。親族以外の誰にも知られたくない。

そんな私はこれまで、5社を転々としてきた。
年齢と職歴からすれば、転職先を見つけるのは絶望しかない。

これからどうしよう。目途は全くついていない。

そして私にはなんと妻がいる。

幸か不幸かまだ子供はいないが、旦那は無職の40代という状況では目も当てられない。
実家と義実家からは非難の嵐。

とくに義母の怒りは相当なものだ。

それまでは、週末には仲良く一緒にご飯を食べたり、義母が私のためにお弁当を作ってくれたりと密な交流があった。

PC関係のトラブルがあったときは、私がすぐに駆け付けた。

季節のイベントごとがあれば、みんなで夕食を共にしたりしていた。

しかし、無職となった今では、そうしたことは一切なくなった。

電話はおろか一度も会っていない。

肝心の妻はというと、多少の理解は示してはくれているが、半ばあきれ気味だ。

そして私の居場所は近所の図書館くらいになった。

この図書館には無職とおぼしき人が数人いる。ほぼ毎日のように見かける。

私もついに、その仲間入りだ。

そもそも、無職になったのは自らの意思なわけだが、これからどうしたらいいのか不安でいっぱいだ。

というか不安しかない。

40代無職の絶望ブログ

この絶望や不安をどこかにぶちまけたい。このままだと精神的にどうかなってしまいそうだ。

でも、この気持ちをどこにぶつけたらよいのか。

そこで、40代無職の絶望ブログを立ち上げてみることにした。

それまでは他人のブログには興味もなかったし、見たこともなかった。
そんな自分がこのようなかたちでブログを始めることになるとは思いもしなかった。

しかしこれなら誰にも迷惑はかからないし、自分の中にドロドロしたものを溜め込むよりはマシだ。

そして、仕事や会社を辞めたいと思っている人や、途方に暮れている無職の人たちが楽しめるものにしたいと思い、倒産、クビ、パワハラなどの体験談を転職回顧録としてブログに残すことにした。

私と妻のこれからがどのような結末になってしまうのか、先行きは全く不透明だ。

その結末がハッピーエンドになるのか、はたまた私はホームレスに転落してしまうのか…

このブログには、そんな40代無職男の転職失敗談と今の様子を記しています。

コメント大歓迎です!

===========

スポンサーリンク
それでは、私の転職失敗談をご覧ください!

なぜ転落人生に陥ってしまったのか?私はあの時どうすればよかったのか?

40代無職、絶望的な転落人生。私が会社を辞めた理由【転職回顧録-倒産編1/8】
無職40代男として転落人生を歩むことになったきっかけとは?大手メーカーに新卒として入社後、訳あって約3年で退職。これがそもそもの過ちだった
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. じゅん。 より:

    初めまして。じゅん、と申します。ちょうど同じくらいの時期に退職し、無職になりました。そして、不安になり検索していたところ、こちらにたどり着きました。私は現在58歳の女性です。他の記事もこれから読ませていただきます。この記事に救われました。ありがとうございます。

    • middle-man より:

      >じゅん様
      コメントどうもありがとうございました。
      「似たような境遇の人がいるもんだね」という程度で本ブログをお読みいただければと思います。
      お互い、気負わずに遠回りしながらでもやっていきましょう。