40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】

私は40代の男性です。
世間一般的には、働き盛りと言われている年齢になります。

しかし、無職・失業者になる道を自ら選び、今現在も無職生活を送っています。

そもそも私はなぜ、仕事や会社を辞めてしまったのか?

スポンサーリンク

このブログは、会社を辞めたい、仕事を辞めたい、そんな30代、40代、50代という同年代の男性に向けたものです。

もちろん、それ以外の年代の方や女性も大歓迎です!

なかでも【転職回顧録】シリーズには、倒産・パワハラ・クビ・フリーター生活という私の経験談を綴っています。

また、トップページには記事一覧ページへのリンクを張っていますので、ぜひご覧ください!

それでは、本編のスタートです。

40代無職男の絶望と転落人生を綴ったブログ

40代、無職、絶望、不安、中年。

ネガティブな言葉は大体、私にあてはまる。

倒産、クビ、パワハラを立て続けに経験して全てが嫌になり、転職先も決まっていないまま、周囲の反対を押し切って仕事を辞めた。

このままいくと精神的なバランスを崩してしまうという危機感を覚え、会社を辞めたい、仕事を辞めたいと思うようになり、40代の働き盛りにもかかわらず無職となった。

そしてまたここに絶望的な40代無職中年男が生まれた…

スキルと呼べるものは特にない。あるとすればエクセルを多少使えることと、HTMLやCSSの知識が多少あるくらいだ。

ちなみに、この状況は身内だけが知る極秘事項だ。親族以外の誰にも知られたくない。

そんな私はこれまで、5社を転々としてきた。
年齢と職歴からすれば、転職先を見つけるのは絶望しかない。

これからどうしよう。目途は全くついていない。

そして私にはなんと妻がいる。

幸か不幸かまだ子供はいないが、旦那が無職40代では目も当てられない。
実家と義実家からは非難の嵐。

とくに義母の怒りは相当なものだ。

それまでは、週末には仲良く一緒にご飯を食べたり、義母が私のためにお弁当を作ってくれたりと密な交流があった。

PC関係のトラブルがあったときは、私がすぐに駆け付けた。

季節のイベントごとがあれば、みんなで夕食を共にしたりしていた。

しかし、無職となった今では、そうしたことは一切なくなった。

電話はおろか一度も会っていない。

肝心の妻はというと、多少の理解は示してはくれているが、半ばあきれ気味だ。

そして私の居場所は近所の図書館くらいになった。

この図書館には無職とおぼしき人が数人いる。ほぼ毎日のように見かける。

私もついに、その仲間入りだ。

そもそも、無職になったのは自らの意思なわけだが、これからどうしたらいいのか不安でいっぱいだ。

というか不安しかない。

40代無職の絶望ブログ

この絶望や不安をどこかにぶちまけたい。このままだと精神的にどうかなってしまいそうだ。でも、この気持ちをどこにぶつけたらよいのだろう?

色々と考えてみて、私は40代無職の絶望ブログを立ち上げてみることにした。

それまでは他人のブログには興味もなかったし、見たこともなかった。

そんな自分がこのようなかたちでブログを始めることになるとは思いもしなかった。

しかしこれなら誰にも迷惑はかからないし、自分の中にドロドロしたものを溜め込むよりはマシだ。

そして、仕事や会社を辞めたいと思っている人や、途方に暮れている無職の人たちが楽しめるものにしたいと思い、倒産、クビ、パワハラなどの体験談を転職回顧録としてブログに残すことにした。

私と妻のこれからがどのような結末になってしまうのか、先行きは全く不透明だ。

その結末がハッピーエンドになるのか、はたまた私はホームレスに転落してしまうのか…

このブログには、そんな40代無職男の転職失敗談と今の様子を記しています。

コメント大歓迎です!

===========

スポンサーリンク
それでは、私の転職失敗談をご覧ください!

なぜ転落人生に陥ってしまったのか?私はあの時どうすればよかったのか?

40代無職、絶望的な転落人生。私が会社を辞めた理由【転職回顧録-倒産編1/8】
無職40代男として転落人生を歩むことになったきっかけとは?大手メーカーに新卒として入社後、訳あって約3年で退職。これがそもそもの過ちだった
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    印象が強烈で何度もこのサイトの記事を読み直した。
    強い仲間意識を感じずにいられず興奮して泣いたり怒ったりした。

    結局どうすれば我々のような迷い人は救われるのか…?
    ふと、鍵となりそうなことを思いついた。

    このブログを作った理由にも繋がると思うが、あけすけな言い方をすれば「人間の人生譚は金になる」ということだ。

    誰しも、他人の人生を味わうことはできない。それぞれ異なった自分の人生を生きていくしかできない。だから、自分の人生を憧れのストーリーに近づけようと成功者の話にみな耳をそばだてる。情報商材という形でとんでもない額を稼ぐ人たちがいる。

    ところが逆に、大きな失敗や損失、不条理も人の関心を集めるものなのだ。「決して同じ目に会いたくはないけれど、だからこそそうなったら一体どうなってしまうのだろう」という思いがある。

    実は得難いものを得たい、という意味でベクトルが真逆ながら双方は心理的に共通している。

    「ねほりんぱほりん」というNHKのトーク番組がある。
    もぐらのキャラクターを使った人形劇形式で、社会の日陰者に位置する人たちにスポットをあて、匿名ゲストとして赤裸々な告白を行ってもらうという番組なのだが、大変生々しく、興味ぶかい。
    なかには元犯罪者、ヤクザ、麻薬中毒者など直面するのも社会上の不都合で至難な方々もいる。だからこそ、貴重な情報となる。
    これはそんな後者の心理をうまくとらえた例といえよう。

    このブログに心理を照らし合わせるとその内容は…壮絶で刺激的である。かといって浮世離れしておらず、視線は一般的である。
    世の中に困っている人がたくさんいて、困っている人が思わず目を奪われる記事である。
    つまり、金になる(かもしれない)資格を備えた内容であるといえる。

    通常の就活をしつつも、
    この内容を書籍化するとか、講演企画を立てるというようないわば「40無職ブログ活動の延長と発展」をとことん追求してはどうだろうか。

    もしかしたら、この活動自体が就職の際にアピールになるかもしれないし、そもそもひとつの職業として既に始まっているのかもしれない。

    変に慣れない業種や技術に身を馴染ませるより、既にやっているこの自分だけにしか書けないブログこそ自分の芯にしていけばいいのではないか。

    そこから先の具体的な方法は、もうコネクションしかない。それは、このブログが成長することで得られていく気がしてならない。

    応援してます!

  2. ロスジェネ世代のわんこさん より:

    こんにちは。googleでバイオと無職というキーワードで本サイトにたどりつきました。全ては読み切れていないのですが、物凄く重かったです。私は、独身、正社員、40代おじさん(名前上は小犬のぬいぐるみ)ですが、30代に婚活失敗→実家からの圧力&激務・パワハラ・オーナー社長に首同然の待遇→旧財閥系のブラック企業に判断ミスで転職→部署全員からの総攻撃で向精神薬漬けの中、奇跡的に再転職(6ヶ月後)→外資系正社員(ただし業績は超悪。本国に見捨てられたら無職確定)。管理者様との共通点は、学部の専攻!私、バイオテクノロジー勉強していました。新卒はバイオ系の道具の商社でした。今は医療機器系のバックオフィスです。つまり、キャリアに一貫性がないんです。ゆえに、無職確定数歩手前です。ITの知識は管理者様より悠かにないです。でも、何とかもしものためにプログラミングとかいろんな教養とかため込んでます。私が馬鹿なのは、バイオは市場も小さく採用数も劇的に少ないのに、今も好きなんですね。時々本とか論文とか読んじゃう。今も独身。お互い頑張ろう、なんて言える立場ではないですが、このサイトに会えてよかったです。何だか燃えるような熱いものを感じました。

    • middle-man より:

      >ロスジェネ世代のわんこさん

      コメントありがとうございます。

      わんこさんも私と同じバイオ系の選考なんですね。親近感がわきます。
      「バイオ 無職」でこのブログにたどり着くなんて意外でした!

      ご経歴を拝見する限り、わんこさんは相当優秀だと思います。そして、趣味で論文なども読んでいるとは…私も学生時代にしこたま海外の論文を読みましたが、今はもう読む気力がありません(^^;

      今回、本庶先生がノーベル賞を受賞したことでバイオ系を志す受験生も増えるかもしれませんが、この分野で生き残っていくのは至難の業なので、そのあたりがちょっと心配です。

      それにしても、わんこさんは今、大変な苦境に立たされているのですね。向精神薬を服用なさっていたとのことですが、その後体調はいかがですか?メンタルをやられてしまうととてもしんどいのはよく分かります。

      体が資本なのであまり無理はなさらないでくださいね。

      このサイトには基本的に暗~いことばかり書いているので万人受けしないものですが、これからも何かの気分転換にご覧いただければ幸いです(^^)

      • ロスジェネ世代のわんこさん より:

        ご無沙汰しています。2018年ももうすぐ終わりですね。ご返信いただけてありがとうございます。巷は平成さようなら、あと2年足らずで東京五輪、とか賑わっていますが、勤め先の業績は素晴しく悪く、全く実感が有りません。今週は未病、というか、けだるく、年賀状や掃除もなかなかはかどりませんでした。ブログ記事を拝読し、転職エージェントには、私もいろいろ思うことが有り、単純ならぬ感情が湧きあがりました。
        私がバイオ系の学生だったころ、とにかく英語は大事だ、といろいろ言われ、最初の勤め先は、奇しくも英語が必要な会社でしたので、入社後は研修のフォローなしに、学校通ったりしていました。そこそこ、にはなりましたが、字幕なしの映画を観て楽勝なんて域には全く行かず…時は流れて、英語を頑張ってもアドバンテージをそれほど感じることもなく、転職が効かない職歴と年齢になりました。なので、会社員としては、今の場所に何としても踏ん張りたいです。万が一ここも落城したら、海外含め、コールセンターか、日本語教師か…バイオの道は、アイドルが一生食っていくのと同じくらい狭いように思う今日この頃です。お仕事が決まるのをお祈りしています!良いお年をお迎えください!

        • middle-man より:

          ロスジェネ世代のわんこさん様

          ご無沙汰しております。
          お体の具合は大丈夫ですか?

          私はきっぱりと年賀状をやめました。
          そしてその分、求人応募や資格試験の勉強に充てることにしました。

          それにしてもお互いなかなか辛い状況ですね。来年こそはいい一年になればいいのですが…

          皆様にいい報告ができるようまた頑張りたいと思います!

  3. じゅん。 より:

    初めまして。じゅん、と申します。ちょうど同じくらいの時期に退職し、無職になりました。そして、不安になり検索していたところ、こちらにたどり着きました。私は現在58歳の女性です。他の記事もこれから読ませていただきます。この記事に救われました。ありがとうございます。

    • middle-man より:

      >じゅん様
      コメントどうもありがとうございました。
      「似たような境遇の人がいるもんだね」という程度で本ブログをお読みいただければと思います。
      お互い、気負わずに遠回りしながらでもやっていきましょう。