【転職回顧録-1】新卒入社した会社を辞めた理由。転落人生の幕開け。

40代無職中年男のプロフィール

個人の特定防止のためフィクションを所々にちりばめるが、基本的には実体験に基づくもので、そのほとんどが苦い記憶だ。

どうか気分転換のつもりで、そんなことがあったのかと気楽な気持ちでご覧いただければと思う。

そもそも私の大学時代の専攻は生命化学だ。わかりやすくいうと組み換え遺伝子などの研究を行っていた。そんな私が就職先に選んだのはIT関連だ。

なぜ専攻分野とは180度異なるIT業界に入ったかというと、当時はまだ生命科学を活かすことのできる就職先は限られていたからだ。

そこに入社できる学生といえば、さらにごく一部の有名大学出身者に限定される。

地方の大学出身だった私には入社試験のエントリーすら難しく、入社試験を受けさせてくれる会社といえば、小さなベンチャーだけ。

大手に入りたいと思っていた私にはあまり魅力的には感じられなかった。

今思うと短絡的な考えだった。中堅どころの食品関連企業の研究職を狙っておけばよかった。

ちょうどその頃はインターネット黎明期で、Windows95が大きな話題になっていたときだ。もうずいぶん昔のことのように思える。

早々にバイオ関連産業への就職に見切りをつけていた私は、これからソフトウェアの時代がやってくると確信していた。

また、田舎育ちの私は都会に出る絶好のチャンスと捉えていた。そこで、東京にある大手メーカーを受験することにした。

幸いにもここからSEとして内定をもらうことができ、これを一生の仕事にしていこうと思った。

配属先は公共事業のインフラ設備の監視システムを構築する部署で、仕事にもやりがいを感じていた。私の両親も、息子が大手企業に勤務していることに安心していた。

この頃は今と違い、残業礼賛の風潮だった。

サービス残業こそなかったものの、月の残業時間は150時間に及ぶことは日常茶飯事で、帰宅時間は深夜の1時を回ることも珍しくなかった。

私だけでなく、会社全体が残業あたりまえの感じだった。

始業直後から数件の打ち合わせが始まり、終わるのは夕方。肝心の作業は定時間近からスタート。

そんなことをしていれば当然、帰宅は日付が変わる頃になる。終電間際にあわてて荷物を片付けて駅までダッシュ。

そんな環境のために鬱になってしまう人も多く、ある日突然、出社しなくなる同僚もたくさんいた。

さらに最悪なことに、私は社内でも有名な泥沼プロジェクトに放り込まれることになった。

このプロジェクトをマネジメントする部長は短期間で何人も代わっており、その仕事の過酷さがうかがえた。

右も左もよく分からない当時の私には、この状況をよく分かっていなかったが、実際に仕事をしてみると、その大変さがよく分かった。

円形脱毛症になったり、白髪の量が一気に増えたのもこのときだ。

そして、転落人生の幕開け

さて、ちょうどこの頃、ニュースで連日のように、ある大学院の立ち上げ構想が大きく取り上げられており、私もそれに大きな関心を持っていた。

そうしているうち私もその大学院でもう一度勉強し直したいという気持ちが抑えきれなくなっていた。

また、長時間の残業が当たり前のSE稼業をずっと続けていれば、いつかは体と精神のバランスを崩してしまうのではないかという不安もあった。

色々と考えた結果、この仕事を辞めて大学院で勉強し直してみたいという思いを両親に告白した。

当然、簡単には理解を得られない。何度も話し合いを重ねた結果、やっと条件付きで大学院への挑戦を認めてくれた。

その条件とは、2年間で上位10%の成績をとること。

それができなければ、再びサラリーマンに戻ってほしいと言われた。

確かにその考えには一理あるし、息子の将来を心配する親としてはもっともな考えだと思った。私はその条件を飲み、仕事を辞めて大学院受験に挑戦することをなった。

そこからは一生懸命に勉強した。狭い部屋に引っ越し、テレビも処分し、合格だけを目標に努力した。

勉強の甲斐もあり、なんとか大学院に合格することができた。

その大学院で勉強する分野は全く初めてだったので、同級生に追いつくためにひたすら勉強した。一世一代の大勝負だ。

しかし残念ながら、約束の二年間では目標としていた成績に到達することはできなかった。もう少し若ければと後悔したが、結果が出なければ去らなければいけない。

これは当初の両親との約束であり、自分が悪いのだ

私はやむなく大学院を中退した。

そして再びサラリーマンに戻るべく再就職活動を行い、運よくある企業に転職することふができた。

「これはこれでしょうがない」と自分自身に言い聞かせ、再び社会人として歩き始めることになった。

この時はまさか、自分が無職40代中年男として転落人生を歩んでいくことになることなど夢にも思っていなかった(回顧録-2へ続く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする