不審者に間違われた40代無職な私

40代無職は今日も汚部屋に通う。

ゴミ撤去が終わったので、汚部屋の中はもうキレイだ。

汚部屋が普通の部屋に昇格した感じだ。

とはいっても、専門業者に売れそうなものはそのまま残しているし、細かな汚れは私がきれい掃除している。

スポンサーリンク

その他にも、部屋に風を通すという目的もあり、週に何日かはこの部屋に通っている。

また、ゴミ回収業者では処分できない特殊なものが何点かある。そういったものは私が自宅に持ち帰り、別途必要な手続きを踏んで処分している。

先日もそのために部屋に行ってきた。

その帰り道、自分自身でも驚くべきことが起きてしまった。

無職の身なり

話は変わるが、無職だろうが何だろうがヒゲは生える。

会社員だったころは当たり前のようにヒゲはきちんと剃っていた。
伸ばしたとしても、清潔感あるよう、ちゃんと整えていたつもりだ。

しかし、無職になると人に接する機会が極端に少なくなる。
どうせ誰にも会わないと思うと、最近では、3日に1回くらいしかヒゲを剃らなくなった。

そんなこともあり、私は無精ひげでいることが多くなっていた。

さて、その日も私は部屋に行って掃除と荷物の整理をしてきた。

もちろん無精ひげも生えていたし、Tシャツ、スウェット地の長ズボン、スニーカーという出で立ち。

どうせ誰にも会わないので、そんな服装で十分だ思っていた。

部屋に到着して一通りの作業を終えると、自分で処理しなければいけないゴミが何点か出てきた。

そこで、持参した大きめのナイロンのトートバッグにそれを入れて持ち帰ることにした。

また、その日は猛暑だったので、首に汗拭き用のタオルを巻いている。

諸々の作業を終えると夕方になったので、そろそろ帰宅しようと思い、部屋を出て帰りの電車に乗った。

乗客は比較的少なかったので、荷物を抱えて座席に座ったのだが、ここで不思議なことが起こった。

数駅ほど進むと車内が混み始めたので、私の隣以外は全て埋まってしまったのだが、唯一空いている私の隣には誰も座ろうとしないのだ。

親子連れの乗客は、私から距離を置こうしているようにもみえる。

なぜこうも避けられているのか不思議に思いながらも、その理由が全く分からなかった。

私が特に汗臭かったわけでもない。

腑に落ちないまま座っていると、やがて目的の駅に着いた。

乗り換えのために電車を降りて駅構内を歩いていた時、私が避けられていた理由が判明する。

40代無職中年男の悲しい身なり

降りた駅は規模の大きなターミナル駅なので、構内には喫茶店が入っている。

その喫茶店の前を通った時、ショーウィンドウに映る自分の姿がふと目に入った。

そこに映っていたのは、リュックを背負い、手には荷物がたくさん入ったビニールバッグを持ち、首に汗拭き用のタオルを巻いた、無精ひげを生やしている男だ。

おまけにズボンのチャックは全開だった…(←これは私の不注意)


ホームレス同然の自分の姿がそこにあった。

おまけにチャック全開とくれば、まさに不審者の極み。

自分でも衝撃的だった。これなら人から避けられても仕方ない…

一歩間違えれば通報されてしまうかもしれない…

帰宅後はすぐにシャワーを浴び、3日ぶりにヒゲをキレイに剃った。

見た目にも気分的にもずいぶんとサッパリした。
若干、若返ったようにもみえる。

サッパリしただけでなく、これまでの鬱屈とした気持ちが少し軽くなった気さえする。

後で帰宅した妻にこの出来事を話したら大爆笑された…

それにしても外見を整えると、気持ちまでも上向きになる。

せめて外に出るときくらいはキチンとした服装にしよう。
そうしなければ、無職中年の私はまた不審者に間違われてしまう。

この日のことはいい教訓になった。

せめて身なりだけでもきちんとしなければ…

無職になり、こんな当たり前のことまで疎かになるとは、自分が情けなかった。

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

このリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加