40代無職の貯金残高。切り崩しの足音がすぐそこに。

無職の財布に1万円札が入っていることはほとんどない。

そもそも収入がないのだから当然だ。なるべくお金を使わないよう、日々、節約しながら生活している。

例えば、スーパーではなるべく見切り品を買うようにしているし、洗剤などはプライベートブランド、外食などもってのほか。

スポンサーリンク

そんな慎ましやかな生活でも、日々、なんらかの細々とした買い物が必要となってくる。

ある日、トイレットペーパーと歯磨き粉が切れてしまった。

金額にすれば数百円程度の出費だが、恥ずかしながら、その程度の金額すら財布に入っていなかった。

40代無職、貯金の切り崩し

40代の財布の中身とは到底思えない。最近の小学生ですらもっとお金を持っているはずだ。

手持ちがなかったために仕方なく、数千円をATMから引き出してきた。

その際、画面には残高が表示されるが、それを見る瞬間はいつも緊張する。
はたしてその残高が、月々の支払いに耐えうるものかどうか気になるからだ。

会社員時代は特に気にすることもなかったが、無職にはよくある風景だ。

そのときも胃が痛くなるような思いで残高を確認してみると、今月と来月はまだ大丈夫のようだった。

しかしそこから先は怪しい…再来月をどうやって乗り切るか…

独身時代からコツコツと貯めてきたのに、無職となって貯金の切り崩しが始まる日もうそこまで迫ってきている。恐い。

40代、無職、貯金なし。この恐怖は、本人にしかわからない。

貯金の切り崩しが怖くて同窓会に行けない

お金の不安に常にさいなまれている無職の私だが、そんな私にも人との付き合いはある。

そのなかで最も困るものの一つは同窓会だ。

なぜかというと、私の場合、同窓会が大阪などの遠方で開催されることが多く、同窓会に参加するための交通費や宿泊代が惜しいのだ。

この前も学生時代に所属していた研究室の同窓会があった。

しかし、遠地で開催されるため、私はやむなく適当な理由を付けて欠席することにした。

往復の交通費、宿泊費、飲食費、参加費だけで軽く6万円以上は飛んでいく。

それだけあれば、税金を払ったり、迷惑をかけている妻にプレゼントを買ったり、色々なことができそうだ。

そう考えると、やはり同窓会には参加できない。
なんとも情けない話だ。

今はまだ爪に火を点すほど生活が困窮しているわけではないが、近い将来、本当に極貧生活に転げ落ちてもおかしくはない。

40代無職が貯金なしの生活に陥ってしまうことはなんとしても避けたい。

まともな40代の社会人ではおよそありえない話だ。

無職とボロボロな下着の関係

話は変わるが、私はもうずっと同じ下買いを着続けている。何度も洗濯してきたので、生地はかなり傷んでいるような状態だ。

それだけでなく、私には決まった箇所に親指をかけて服を脱ぐクセがあるので、その部分の生地は特に薄くなっている。

しかし私は、新しいものに買い替える気になれない。なぜかというと無職だから。

こんなものを新調したところで値段はたかだか数百円くらいのものだが、どうにも気分が乗らない。

もちろん、妻の下着に穴が開けばすぐに買うようにお金を渡している。
妻に下着を買うなとはとても言えない。

しかし私はダメだ。まだこの肌着を着続ける。

一見すると、無職であることと穴の開いた肌着を着続けることには何の関係もないように思える。

しかし、ここは臥薪嘗胆。この穴の開きそうな下着を着続けることで自分を奮起させたいのだ。

割り切ってさっさと新しいものを買ってしまえばよいのだが、考え方を切り替えられないところが私の弱点なのかもしれない。

こんなときは種田山頭火の俳句が身に染みる。

山頭火といってもラーメン屋の話ではない。もしかしたら、このラーメン屋の屋号は、種田山頭火が由来なのかもしれないが。

種田山頭火は大正から昭和にかけての漂泊の俳人だ。大変な才能の持ち主だったが、酒好きが災いし、驚くほどの貧乏生活を送っていたそうだ。

山を漂泊して廃屋に勝手に住みついたり、いろんな人からお金を借金をしたり。

破天荒というか、とにかく変り者だったらしく、その俳句も独特だ。

その作風は五七五調などのセオリーを全く無視するもので、自分の言いたいことを素直に表すことに特徴があり、生活に困窮していく自らの姿を表現する作品が多い。

その一つにこんなものがある。

笠も漏り出したか

たったこれだけだ。五七五のような韻を踏んでいもいないし、Twitterでのつぶやきのような一句。

これを俳句と呼んでいいのか分からないが、今見てもかなり斬新だ。

しかし、今ならなんとなく、これを詠んだときの山頭火の気持ちがわかる。

そこで私もここで一句。

「職もなくなったか」

さらに一句。

「金もなくなったか」

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. じゅん。 より:

    おはようございます。じゅんです。
    肌着の件、わたしも同じ思いがあるので、記事を見てびっくりしました。
    新しいものを身につけたら気分も前向きになるのではないか、と思ったり、いや、勿体無い、と思ったりです。
    口座残高についても不安がいっぱいです。
    毎月の固定費は必ず支払わなきゃならないので、来月あたりから貯金を切り崩す生活になりそうです。
    記事を読ませていただき、そう簡単に仕事が見つからないのだと現実を知りました。おかげで何社も書類選考で落ちる覚悟ができました。それでも、仕事を探すしかないです。頑張ってみます。

    • middle-man より:

      >じゅん様
      コメントありがとうございました。
      失職すると、お金の不安が尽きませんね。
      お気持ちよくわかります。早く仕事を見つけねばと焦るばかりです。

      私の経験では、40代を過ぎると仕事探しは格段に難しくなります。
      もし未経験のお仕事を探すとなると、50社以上の応募は覚悟しておいた方がよいかもしれません。

      • じゅん。 より:

        ご返信頂き、有難うございます。
        お金の不安、なるべく考えないようにします。
        履歴書についての記事、助かりました。
        早速1社だけですが、履歴書出しました。
        100社は落ちるつもりの心構えができました。
        私は58歳ですのでシニアの求人で探しています。ずっと働いていたので、今休んでいる状況がとても辛いです。ですので、私よりお若い方はもっとお辛いのだと思えてなりません。
        今は在宅で出来るものも探しています。
        不安を消すために何か行動をしようと思います。お互いに諦めずに頑張っていきましょう。
        もっと記事、読ませていただきます。
        有難うございます。

        • middle-man より:

          >じゅん様
          コメントありがとうございます。
          最近はシニア世代に特化した求人サイトがあり、そちらもぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。
          暑い日が続きますが、就職活動に支障が出ないよう、お互い体調などには気を付けていきましょう。

          • じゅん。 より:

            役立つ情報を有難うございます。
            早速、シニアで求人探します。
            私はあと2年程は生活できる資金があるので、ゆっくりしてたらいい、とよく言われますが、性格上、年金に頼るのが嫌で、50歳から自分年金を貯めていました。ですが、お金がどうとかではなく、まだまだ現役で働きたい思いで一杯です。今の40代以下の方々は年金をもらえる保証がないですから、それを思うと心苦しくてなりません。シニアで年金をもらってる人を雇うのなら、若い世代の方に仕事を回してほしいものです。
            お互いに仕事探し、前向きにしていきましょう。
            日本は他国と比べると裕福ですが、退職金をしっかりもらっている方に天下りで優先して仕事を与えて、まだまだこれからの世代の方々が働きにくい状況というのが、どうも気にくわないです…愚痴になりまして、すみませんでしたm(._.)m