動画を見て恐怖におののいた40代無職男

Youtubeを見ていたところ、たまたま、若年ホームレスの特集動画を見つけた。

自分から探しにいったわけではなく、レコメンド動画のように表示されたものだ。

きっと、以前の検索内容を基にシステムが私におすすめしてくれたのだろう。

スポンサーリンク

40代無職に優しくしてくれるのはYoutubeくらいしかないのかと思うと、ちょっと悲しくなった。

そんなことはさておき、以前も同じような動画を見たことがあるが、今回の動画それとは違うもののようだ。

動画のサムネイルは炊き出しの丼を手にした青年の姿で、決して明るいとは言えない内容ということが容易にわかる。

しかし、彼と私は同じ無職の身。気になってしょうがなかった。

気付くと私は、再生ボタンを押していた。

自分の姿と重ね合わせる40代無職


主人公は30歳過ぎの青年。

それまでは地元の東北地方で警備の仕事や派遣を繰り返してきたが、不景気のために徐々に仕事が少なくなった。

そこで、チャンスを見つけるために上京してきたようだ。

しかし手に職がないうえ、なんのツテもないために仕事探しは難航。

ボランティア団体による炊き出しで食いつなぎながら、ホームレスの状態でハローワークに通っているという。

すがるような思いでハローワークに行き、なんとか希望の仕事を見つけることができたが、面接地までの交通費を工面することができないため辞退せざるを得ない。

また、なんとかして面接を受けることができて採用に至ったものの、その後、住所不定が判明してしまい、それも取り消しとなる。

住所がなければ働くことが難しいことを知った彼は、公園のベンチに腰かけて途方に暮れた。

それにしても、彼はなぜ行政に相談しなかったのだろうか?おそらく、そうした考えには及ばなかったのだろう。

では、ハローワークの職員などが彼にアドバイスしてあげることはできなかったのだろうか。

結局その後、幸いにもアルバイト先を見つけることができ、やっと働くことができたものの、月の手取りは10万円に満たない。

どんなに頑張ってもワーキングプアから抜け出せないというナレーションとともに、その動画は終わった。

アルバイトを見つけることができたという若干の救いはあったものの、果たしてその後の生活が安定するかというと疑問だ。明るい要素などほとんどない動画だった。

ちなみにこの動画はもう何年も前にアップされたものなので、彼が今がどうしているのかは不明だ。

この動画の内容は決して他人ごとではない。

私だって今の状態が何年も続くと、確実に彼と同じような状況に陥ってしまう。

そう考えると、思考が停止してしまうほど恐ろしい。

今の自分にできること

こんな恐ろしい動画を見てしまった後、私は決まってPCで転職サイトを閲覧する。

数年後の自分がホームレスになってしまわないよう、少しでも就職活動しなければという強迫観念にとらわれるからだ。

他にもするべきことがあるのかもしれないが、今はこれくらいしか思い浮かばない。

最低でも1日1件の応募を繰り返し、就労支援機関に出入りしてアドバイザーに相談などしている。

また、固定メンバーによるグループワーキング形式のセミナーにも参加しており、そこで再就職仲間と呼べる人たちとも知り合いになった。

セミナ―後は互いに情報交換したり、ごくたまにだが飲みに行くこともある。

無職同士の傷の嘗め合いと言われそうだが、そんなことはどうでもいい。こうすることで欝々とした前向きな気持ちになれるのだから、私にとっては意味のある時間なのだ。

それに加えて最近では、転職エージェントともよく話をするようになった。

就職活動は基本、孤独だ。

その気になれば、誰とも顔を合わせずに一日を過ごすことができる。

しかし、それでは気が滅入ってしまうので、こうして積極的にアドバイザーやエージェントに会いに行くようになった。

話をするたびに応募書類の書き方などに気付きがあるし、なにより街中を歩くことでヤル気が出てくる。

これまで何回も転職活動をしてきた。

その時と今で大きく異なる点は、こんな風に妻以外の他人との接点を積極的に求めるようになったことだ。

交通費が痛いところだが、多少のお金を払ってでも前向きな気持ちを維持したい。

先日の面接結果はどうなったか?

幸いにも前向きに取り組むことができている今回の就職活動。

もちろん書類選考に落ちてしまうことはしょっちゅうあるし、落ち込むこともある。

ただそれでも、明るい気持ちは維持できている気がする。

そんな折、偶然見つけた求人に応募してみたところ、奇跡的にも書類選考に通過することができた(やっと面接が決まった40代無職を参照)。

やっと巡ってきた面接だ。

私の意気込みは相当なもので、結構な時間と労力を割いて対策を立てた。

そうして臨んだ面接では仕事内容の専門的な内容にまで話が及び、そこで自分の考えをしっかりと答えることができたので、今までにない手応えを感じた。

しかし、結果連絡はなかなか届かない。ヤキモキしていたところだが、先日やっと連絡が来た。

もともと期待は殆どしていないが、それでもやはり合否を確かめるときはドキドキする。

次回、その結果を報告しようと思う。
===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    youtuberになることも考えるとよいかもしれません。広告収入やいわゆる投げ銭で、月に大学生の初任給レベルの収益が出るようです。Vtuber青髪ピピピfeat.黒髪ピピピというyouruberを見て思ったのですが、ある意味実力があれば今の状況が好転できるかもしれません。

    • middle-man より:

      匿名様

      コメントありがとうございます。

      youtuber…なかなか斬新ですね。ただ私には、面白動画を次々と思い付くようなアイデアも実力もなさそうです(笑)

  2. yuzu より:

    ブログ主さま、お返事ありがとうございます。

    先日ニュースを見ていたら、日本の転職でのミスマッチ度は、先進国の中で最低レベルだったらしいです。
    主さまも指摘のように、企業の求める人材が、余りにも基準が高すぎる事が原因らしいですね。
    先日、面接を受けた警備会社は、今時手書きの履歴書を要求し、筆記試験までありました。
    中学レベルの計算問題、漢字の書き取り、一般常識。
    問題の一つに今のアメリカ大統領は?なんてアホみたいな質問がありました。
    これで、応募者の何を測りたいのでしょう。仕事に必要な知識なのでしょうか?
    全く、人の時間を無駄に消費して、それに耐える事が会社への忠誠心だと考えているんでしょうか。全く合理性に欠けます。人のやる気を削いでくれます。
    特別なスキルを必要としない会社でさえ、どこもこんな調子なので、本当に絶望的になります。

    • middle-man より:

      yuzu様

      コメントありがとうございます。

      yuzu様のお気持ち、よく分かります。

      私も手書きの履歴書や中学生レベルの一般常識試験を要求されたことがありました。他に内定が出なかったためそこで働く以外に選択肢がなかったのですが、何から何まで昭和時代のような社風や慣習がたくさんで、どうしても私の感覚に合わずすぐに辞めてしまったことがあります。

      それ以降、少なくとも手書きの履歴書を指定する求人は避けるようにしています。ハローワークの職員でさえ「履歴書はPC作成で問題ない」と言っているご時世なのに、少数ながらまだそんな会社があるのですね…

  3. yuzu より:

    はじめまして。わたしは、54才の現在無職です。前職を退職後、メンタルとフィジカルで不調になり1年半経ちました。クリエイティブ職でしたので、フリーランス的に仕事はしていたのですが、とても継続して安定した収入を得ることは期待できません。絶望感も感じましたが、今ならまだ立ち直れると、奮起して就活を始めました。数社面接に行き、内定も頂きましたが、半肉体労働(施設警備)と給料の低さから、辞退してしまいました。主さまのHPには、いつも勇気づけられています。どんな時も前向きでへこたれない姿勢は、私も見習いたいです。ビジネス能力もかなり高い方なのに、企業の基準(リスクを取らなさすぎです)にマッチしない。今の日本の社会には、本当に失望します。少し妥協してくれればお互いwin-winなのに。余りにも慎重になり過ぎです。
    しかし、社会の不満を言っていてもお腹は満たせません、この社会で生きて行くしかありません。私も、なんとか自分の居場所を確保する為に頑張っていきます。主さまも健康には気をつけて頑張ってください。

    • middle-man より:

      yuzu様

      コメントありがとうございます。

      精神面と肉体面での不調はかなり辛いですね。それでも、再就職に向けて活動中とのこと、尊敬します。そのバイタリティーをぜひ見習いたいです。

      私も同じく就活中の身ですが、なかなか内定にまで至らず苦戦中です。

      そんななか、40代以降の求職者は相当のハイスペックでない限り求人が少ないという現状には、yuzu様と同じく失望感で一杯です。

      もう若くはない年齢ですので、この先もずっと仕事が決まらなければ応募する業界自体を見直さなければいけない時期が来るのかもしれませんが、それまではダメもとであがいてみようと思います。

      いつかは仕事が見つかりますよ、なんて軽々には言えません。

      ただ、我々中年世代もまだまだ捨てたもんじゃないぞという気持ちで日々を過ごしていきたいと考えています。

      くれぐれも体調にはお気をつけください。

      今後とも当ブログをよろしく願いいたします。