40代無職男と義母の絶望的な関係とは

気の重い訪問

先日、どうしても義母と連絡を取らなければならなくなり、渋々向こうの家に訪問してきた。

しかし、義両親との関係がうまくいっていない。とりわけ、義母との関係は最悪だ。私の顔も見たくないらしい。

これは私が無職になってからずっと続いていることなので今に始まったことではないが、やはりストレスの種だ。

スポンサーリンク

とはいっても、その原因は私にある。それは重々承知している。

うまくいっていないなら、それなりに距離を置けばいいのだが、今回はちょっとそういうわけにもいかなかった。

妻が間に入ってくれればいいのだが、彼女はそういう時にはあまり口を開かない。

仕方ないので、用件だけを淡々と話してすぐに帰宅した。

義両親と私の関係

そんな私と義実家との関係も以前はこうではなかった。

お互い徒歩で行き来できる距離に住んでいるので、季節ごとのイベントにはお互いの家で一緒に夕食をとったり、頻繁に交流していた。

しかし、私の退職で状況は一変した。

転職先を決めてからの退職ならまだよかったのだが、私の場合はパワハラなどでほとほと嫌気が差し、見切り発車的に短期離職してしまったので、向こうの怒りが納まらなかったようだ。

義母としては当然、娘の結婚相手が無職であってはいい気はしないだろう。

退職を報告するため義実家を訪ねに行ったときは、まさに針の筵。

このままでは私がどうかなってしまうとの理由を説明したが、「どこの会社でもよくある話だ」と言われてしまう。

「なぜ相談してくれなかったのか」とは言われたが、相談してもどうなるものではないことは分かっていた。

どうせこういわれるのがオチだ。

「頑張れ」
「考えが甘い」
「みんな辛い思いをしながら働いている」

こうしたことは被害を受けた本人にしか分からないのだから、説明してもなかなか分かってもらえるはずはないので、無理もないことかもしれない。

しかし、精神的にボロボロだったあの時の私に「そんな会社は辞めてよかった。早く次を探しなさい」と声を掛けてくれていたらどれだけ救われたことか。

それは甘い考えなのだろうか…

離婚の話

今では義両親と会うことは滅多にないが、極稀に話をしなければいけない時には、離婚の話が持ち上がる。

ちなみに、私と妻の間では別居して様子を見るということで話はまとまっている。

私の別居先もほぼ決まっているし、妻は実家に戻る予定だ。

そのことは伝えてはいるが、この状態も長くは続かないだろう。

私は頭をうなだれ、ただただ謝罪するしかなかった。

結婚当初は順風満帆の船出だったが、務めていた会社の倒産により失職したことで前途多難な人生に変わってしまった。

人生はどこで何が起きるのか本当に分からない。
しかし、何が起きるか分からないということは、事態が好転する可能性もあるということだ。

今、私はその可能性にかけて再就職を頑張っているところ。

今日もカウンセラーに応募書類を添削してもらう予定だ。

ただ仮にこの再就職がうまくいったとしても、私はこれまで何度も転職と退職を繰り返してきたため、もう信用されないだろう。

「どうせまたすぐに辞めるだろう」と思われるに違いない。

今後の状況がどう転んでも離婚の可能性は非常に高く、それを思うと気が重い。

ただ、今の私にできることは、再就職にむけて全力を尽くすこと。
それに加えて、自営として仕事していく体制を並行して整備すること。

前途多難ではあるが、やるしかない。

もしかしたら、こんなことはあまり経験できないことなのかもしれない。
そう思えば、まだまだ頑張れそうな気がしてきた。

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加