40代無職が受け取った嫉妬と羨望と落胆の年賀状

◆人気記事◆

長いようで短かった2017が終わり、お正月が来た。
お祭りムードに包まれるとなんだかうれしくなる。
とはいっても、私は元旦からアルバイトなのだが・・・

そして、お正月といえば年賀状。
こんな無職にも、年賀状を奥てくれる友人が数人いる。
もちろん彼らは私が無職であることを知らない。

今年は全部で3通の年賀状が来た。大学院時代に一緒に勉強してきた仲間からのものだ。
みんなマイホームの前やリビングで家族と仲良く映っている。

この歳になるまでみんな色々とあっただろうが、幸せそうな年末を過ごしているようだ。
かたや私はアルバイトで正月を過ごし、妻と離婚しそうな状況だ。

どうしてみんなとこんなに差がついてしまったのだろう。
妬みや嫉妬、そんな感情が沸き上がってくる。
でも、私は差がついてしまった理由を知っている。
全ては私の選択が悪かったのだ。
悪い方向に悪い方向に自分を追い込んできた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いや、追い込んできたというか、色々な嫌なことから逃げてきた結果、こんな状況になってしまったのだろう。全ては自分が悪いのだ。

長く務めた会社が倒産したという不運があったものの、その後の転職先では何をやってもうまくいかなかった。しかし、それも含めて自分が悪かったのだ。
私は会社組織で働くことができない社会不適合者だったのだ。
それと同時に、自分の人生設計が甘かったことを痛感させられる。

そして、今のアルバイトもあと数ヶ月で終わりを迎える。
明るい兆しはまだ見えない。
おそらく、そう遠くない時期に妻と離婚することにもなるだろう。

でも、どうせ何もかもうまくいかないのなら、いっそのことゼロリセットして、一から自分でやっていこうとも思っている。
私にはとても好きな街がある。
その街で、単身者用のアパートでも借りて人生を生きていこう。

幸い、借金はない。
それだけでも幸運だったというべきか。
またアルバイトでもしながら生活していくか・・・

真剣に身の振り方を考えなければならない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぽて より:

    あまりご自分を責めないで下さい。
    努力も大事ですが、時の運もありますよ。
    連載いつも読んでます。

    • middle-man より:

      >ぽて様
      いつもコメントありがとうございます。
      これから自分はどうやって生きていくべきか、真剣に向き合っていきたいと思います。