ヤル気がなくなる40代無職中年。このままではヤバい。

もう一度再就職を目指して

もう9月下旬。

今年はうだるような暑さが続いた。

ただ、40代無職の私は猛暑のなか外回りに行かなくてもよいし、その気になれば一日中、エアコンの効いた部屋でテレビを見ていられる。

スポンサーリンク

一般的な会社員と比べてずっと快適な生活を送っている。

そんな無職の私は日々、何をして過ごしているかというと、ブログの更新やメンテナンスに一日の大半を費やしている。

多少は生産的なことをしているつもりだが、まだまだお遊びレベル。

このままいくと人間的におしまいになってしまいそうな気がする。

そこで私は、再就職も視野に入れて再び活動し始めた。
これでダメならまた、自営業の推進活動に比重をおけばいい。

とても食えないような状況が続けば、アルバイトでもすればいいのだ。

こう考えるようになってからは少し気が楽になってきた。
いい意味で開き直った40代無職。

再就職、こと始め

まず手始めにとりかかっているのは、履歴書と職務経歴書の手直し。

これまでの経験から、これら書類の書き方は自分なりの方法を確立している。

しかし、独りよがりになってはいけないので、今度は東京しごとセンターの専任カウンセラーと二人三脚で作業を進めることにした。

先日、そのカウンセラーによる書類の添削を受け、フォーマットや内容面で色々な粗が浮き彫りとなった。

かなりの完成度だと思っていたが、第三者の目から見ればまだまだというところなのかもしれない。

今後は、ブログや自営業と並行して、こうした応募書類をブラッシュアップしていくことになるが、如何せん孤独な作業になるので、強制力が働かない。

そのためヤル気が出ないときもある。

その点、会社員であれば出勤と同時に仕事モードに入ることができる。
職場は、気持ちのON/OFFを強制的に切り替えてくれるスイッチだと思う。

では、このようなスイッチが入らない40代無職はどうすればいいのだろうと考えてみたものの、これといった特効薬はなかった。

しいていうなら、図書館や長居できる喫茶店に行くことくらいだ。

何もしたくない

私は基本的に毎日、記事を投稿しているのだが、やはり何もしたくない日もある。

しかし、ダラダラしたくなる気持ちが染みだしてくる前に、とにかく家を出て図書館や喫茶店に入り、椅子に座ってキーボードを叩いてしまえば、だんだんと調子が出てくる。

きっと求人を探すときも同じことが言えるのもしれない。
興味のある仕事が見つからないと、しばらくは何もしたくなくなる。

しかし、たとえ見つからなくてもいいから、まずは探してみることが大事なのかもしれない。

作業をやり始めれば、気付かないうちに集中していくものなのだろう。

ここ最近、ヤル気が起きない日でも、応募したい仕事が見つかればラッキーだというくらいの気持ちで無理やり求人を検索している。

その瞬間は苦痛だが、やり始めてしまえばなんということもなくなった。

せっかく前向きな気持ちが出始めてきたので、それが結果につながればと思う今日この頃。

今も喫茶店に入り、一杯250円のアイスコーヒーで数時間居座り、記事の更新や履歴書を作成している。

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加