40代無職中年に起きた今月の出来事

7月に入って20日が経ったが、その間、記事をまったく更新してこなかった。

私が記憶している限り、こんなにも長い間、記事更新が途絶えたことはない。

実はこれにはちょっとした理由がある。

スポンサーリンク

今月にはいってある不運な出来事が起きたからだ。

といっても深刻なものではなく、あくまで自分の不注意が招いたものだった。

その日の出来事

その日もいつものように8時に起床し、顔を洗うために洗面所に向かった。

現在住んでいるワンルームマンションの部屋は、リビングと洗面所の間に10センチほどの段差があり、それが部屋の仕切りのようになっている。

寝ぼけていた私は見事にこれに躓いた。しかも勢いよく…

傍から見れば豪快に転んだわけだが、この瞬間、私はなぜかゾーンに入った!

ゾーンの意味が分からない人は、『スポーツ ゾーン』で検索してほしい。簡単に言うと、一瞬の出来事が自分にだけゆっくりに見える状態のことだ。

昔、本格的にサッカーをやっていた頃、試合中に一度だけ同じような経験をしたことはあるが、まさかこんな瞬間にもそれを感じるとは…世界一無駄なゾーンだと思う。

『このままいくと腕が折れるかもしれない』

そんなことを思いながら私はゆっくりと転倒していった。

幸いなことに、なんとか両手をつくことはできたが、その際、左手首を内側に激しくひねっただけでなく、右手の親指はグニャリと外側に…。

転倒してすぐは痛みを感じるだけだったが、10分もすると腫れあがってきた。

親指はまだマシだったが、手首の晴れが尋常ではない。まるでドラえもんのようだ。

幸い、気分が悪くなったりすることはなかったので骨折はしていないように思われたが、痛みのあまり何もできない。

このままではマズいと思い、すぐに近くの病院に向かった。

診断結果、そしてTOEICのスコア発表

整形外科を受診した結果、捻挫と診断された。

骨には異常なしとのことだったので、この程度で済んでよかったのかもしれない。まずは一安心。

それにしてもちょっとした段差でこけるなんて、自分の体力は思った以上に衰えているのかもしれない。

その日はとりあえず、二週間分の冷シップを処方してもらって帰宅した。

ところが、親指を負傷しているのでボールペンやマウスをうまく握れない。キーボードの打鍵もままならない。

そんなことがあって、7月のブログ活動を少しばかりお休みしていた。

Image by StockSnap on Pixabay

しかし、私にはどうしても書いておかなければならない記事ネタがある。

それは5月と6月のTOEICの結果のこと。

結論から言うと、いずれのスコアも惨憺たるものだった。

まず5月は505点。続く6月は490点。

スコアが低いのはどちらも同じだが、あろうことか5月よりも6月の方が点数が低いのが解せない。

一体なぜなのでしょう…

でもよくよく考えたら、このレベルで点数の浮き沈みに一喜一憂しても大した意味がない気がしてきた。

そして、点数が上がらない原因を色々と探ってみたところ、ある一つの結論に辿り着いた。

それは私の場合、勉強法云々といった問題ではなく、勉強量が単純に足りていないということだ。

二~三日は頑張って取り組むのだが、それをなかなか継続できない。要は三日坊主なのだ。

あとはやはりリスニングか。どうしても聞き取れない部分が多い。困ったものだ。

でもこれはシャドーイングによる発音方法の訓練を繰り返すしかない。なにしろ発音できない音は聞き取れないのだ!

そして直近のTOEIC受験は7月下旬の予定。

この記事を書いている時点で、試験日まで残りはあと一週間。なんとか550点を取りたいが、今のままでは夢のまた夢。

Image by Gerd Altmann on Pixabay

とはいえ、やるかやらないか。ただそれだけ。

私はまず手始めに、先行投資としてヘッドフォンを購入した。もちろんイヤホンは持っているが、耳の穴に何かを詰めることは私にはとって大きなストレスなのだ。

図書館などでは仕方ないにしても、せめて自宅にいるときはそういったストレスからなるべく解放されたい。そこで5,000円程度のものをポイント購入してきた。

実際に装着してみると結構快適だ。

密着型の構造なので騒音もシャットアウトできる。これならリーディングを勉強する際にも耳栓代わりに使えそうだ。

ヘッドフォン代の元を取るためにも毎日続けなければ!

ちなみに現在、依然と状況が大分変わってきている。TOEICスコアが今後の進路を大きく左右しかねない事態になっているので、これは後の記事で報告したい。

アルバイト再び

この半月に起きたこと主な出来事は、手をケガしたこととTOEICが悲惨だったこと。そして今月からアルバイトを始めたことだ。

ケガする前から働き始めていたので、今は痛みを堪えながら仕事している。もしアルバイトが始まる前にケガをしていたら、きっと弱気になってアルバイトを断り、家で安静にしていることを選んでいただろう。

そうういう意味では、ケガするタイミングとしてはアルバイトの後で良かったのかもしれない。

先立つものがなければ毎日の生活がおぼつかなくなるので、私のような無職は多少のことがあっても働かなければダメなのだ。

ちなみにどうやってこのアルバイトを見つけてきたかと言うと、前回同様、光岡さんからの口利き(40代無職貧乏男、タダ飯にありつくを参照)!

どうやらまた人員が不足してきたようなので、アルバイトを探しているとのことだった。しかし一から探すのは大変。

そこで、縁故採用として私に白羽の矢が立ち、お声がかかったわけだ。

この方が手間もかからないし、信頼できる人を容易かつ確実に確保できる。毎日通帳とにらめっこしてため息をついている私としても願ったり叶ったりの話だ。

ちなみに、期間は7月1日からの一か月間で、勤務時間は10時から17時。日給一万円で交通費別途支給という条件。

しかも、仕事が早く終わってもこの日給は保証されるし、残業はまず発生しないという。

1時間の休み時間を除くと正味の労働時間は6時間。時給にすると1,666円だ。滅多にない好条件なので、私はこの話に飛びつくことにした。

これで7月は約20万円を手にすることができる。滞納しがちな国民年金を支払うことができそうだ。

ただ、これはあくまで一時の話であって、8月はどうなるか分からない。やはりフリーターって不安定この上ない。

今はたまたま知り合いの好意に甘えているが、そんなものは一時の気休めだ。

こんな生活を送っていると目先の生活資金ばかり追いかけてしまい、本来の目的である『再就職』を忘れがちになってしまう。

なので、就職活動は相変わらず続けていた。そしてその一週間後に手をケガした。運がいいのか悪いのかわからない状態が続いていた。

就活状況

私の就活の基本は転職サイトとエージェントだ。サブ的に、しごとセンターとハローワークを利用している。

とはいえ、書類選考の通過率は相変わらずだった。

今回、その打開策として、不要な職歴の削除を実施している(さて、またダメだったわけだが…その代償に得た秘策を参照)。

これはあくまで実験的な取り組みだが、私個人としては大きくプラスに働くと予測している。

仮にうまくかなかったとしても現状維持に収束するだけだし、やってみる価値は十分にあると判断した。

Image by rawpixel on Pixabay

とはいえ、会社側から職歴削除に対する説明を求められる場合もあるなど、それ相応の状況も覚悟しておかなければならない。それに、全ての人が削除できるわけではなく、一定の条件を備えている必要がある。

いろんな条件やデメリットが当然あるのだ。全ては自己責任(←あまり好きな言葉ではないけど…)。

だからこそ、今回のような職歴削除の試みは、私と同じ境遇の人にとって興味ある内容だと思う。まずは私が体を張ってどうなるのか実践してみたい。

それを確かめるべく、エージェントとしごとセンターから数社応募してみたものの、残念ながら該当の案件はすでに採用が終了していた。これでは効果のほどを知ることができない。

採用が終了していたのならすぐに案件を閉じてほしいのだが、それはなかなか難しいのかもしれない。

まあそれにめげることなく、私は転職サイトからあるおもちゃメーカーに応募してみた。ここは大企業と言うほどではないにしろ、知名度は比較的高い。テレビCMでもたびたび見かける。

私が応募したのはマーケティング職だ。これなら多少の知識もあるし、仕事内容的にも以前のものと被る点が多い。

ダメ元で応募してみたところ、なんと書類選考に通過してしまった!職歴削除の効果だろうか?それとも経験を買われたのか?もしくは両方が要因だろうか?

なんにせよ、これで書類選考通過率は5%に上昇した。以前は3%に満たなかったので改善の兆しありといえるのではないだろうか。

ただ、この会社の選考、なかなか一筋縄ではいかなさそうだった。それはまた後日のお話で…

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 浦島花子 より:

    はじめまして。会社で早期退職を募っていますので、40代後半の転職事情を知りたくてネットサーフィンしていたところ、このブログにたどり着きました。あまりの厳しさになるべく現状維持を決心した次第です。しかしながら、短期間に転職を繰り返すのは運が悪いだけでは済まされない理由があるとも思います。思うには職業はとどのつまり食べるためで、好き嫌いを言ってはいられない。歯を食いしばって働くしかないです。

    • middle-man より:

      浦島花子様
      コメントありがとうございます。

      40代の転職事情はお察しのとおり、一部のハイスペックの方を除くと大変厳しいものです。
      ですので、仰るとおり、現状維持が可能ならば、それに越したことはないと思います。

      ただ、短期間に転職を繰り返すのは運が悪い場合も確実にあります(私の場合は他責と自責が半々ですが)。
      早く次を決めて、そこでの仕事に打ち込みたいと思う毎日です。

  2. すずき より:

    みなさんこんにちは

    筆者の文才と読みやすさから
    色々なコメントがあると
    思いますし、
    それぞれ表現は自由ですが、
    あくまでもこのブログは
    筆者が自分の全てを
    赤裸々かつユーモア交えて
    ありのままを書いているから
    楽しいのです。

    私ももがいて周りに
    多少なりとも迷惑かけて
    今の職場に転職しました。
    今だって迷ってばかりです。

    私は筆者をいつも
    応援しています。

    • middle-man より:

      すずき様
      いつもあたたかいコメントありがとうございます。

      すずき様はもはや、このブログを見守る守護神のような気さえしています(^^)

      楽しんでいただけているのはおそらく、四苦八苦しながら記事投稿を続けているからだと思います。
      これからも変な勘違いしないよう、素人感を丸出しにしながら就活での苦闘ぶりをみなさんに見てもらうつもりです。

      今後とも当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

  3. 直子 より:

    確かにご指摘の通り言動が過ぎたようで誠に申し訳ありませんでした。
    ブログ主さまや他のコメントされた方にも不快な思いさせてしまい深くお詫び申し上げます。
    私はこのまま去りますので返信はスルーされてください。
    本当にごめんなさい。失礼します。

    • middle-man より:

      直子様
      コメントありがとうございます。

      ご批判のコメントに対しては色々と考えるところもありましたが、そのほとんどを匿名様が代弁してくださっていました。
      あと数点付け加えるならば、元妻は子供を望んでいなかったということと、ご主人のことをダメ旦那などとは呼ばないでほしいということです。

      きっと旦那様は直子様のことを愛しているからこそ、自営業の可能性を試してみたり、異業種のお仕事に飛び込んだのだと思います。
      私にはその気持ちが痛いほどわかるので、ぜひ旦那様を貶めることはしてほしくないのです。

      ただ、離婚によって、元妻のそれまでの時間を奪ってしまったということは多分に感じています。その点は直子様の仰るとおりです。
      女性側の思いを教えていただきありがとうございました。

      当ブログは決して反論や異論を否定するものではありません。機会があれば、いつでも遊びに来てください。そして貴重なご意見をいただければ幸いです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      • 匿名 より:

        直子さんの意見に一理も二理もあるとおもうのだが…。

        そこに気づけない、もしくは受け入れられない筆者はこの先も明るくないような…。

        まあ他人事なんでどうでもいいんだけど、少し感覚がズレてるのを早目に気付けなかっかのが今の現状を招いているんだよきっと。

        このままならいつまでも何も変わらないよきっと。

        • middle-man より:

          匿名様
          コメントありがとうございます。

          私が思うのは、受け入れられる面と受け入れられない面があるということです。
          ただ、直子様自身がこれ以上の議論を望んでいらっしゃらないので、この話はこれでおしまいにしたいと思います。

  4. 匿名 より:

    直子さん、もう少し言葉を選びましょう。

    それは単に弱い立場の人間に無遠慮な侮辱をしているだけです。
    なんのアドバイスにもなりません。
    親離れ~はそもそも記事を読んでるのか疑わしい誤認です。
    個人的な感情論でご主人と重ね合わせて一方的に打擲し、主人を貶しながらその主人の稼ぎで食べているご自身をまず恥ずべきではないでしょうか。
    さらにその文句は主人に言うのが筋ですし軽蔑している主人を選んだご自身の不明については都合よく無視するのは同じ理由ダメ女と言えるのではないでしょうか。

    • middle-man より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。
      また、フォローいただきありがとうございました。

      いただいたコメントはまさに私の気持ちを代弁いただいたもので、あまりの考え方の一致に少し驚いたくらいです。

      これからもどうぞ当ブログをよろしくお願いいたします。

    • 匿名 より:

      コメント良く読めば直子さんは旦那さんの事持ち上げてるの気づかないかな?

      そんなことも読み取れないから負け組なんだよ、きっと。

  5. アップル より:

    こんにちは
    返信ありがとうございます

    塾ですが家の近所に中高年歓迎の感じのいい塾長の塾にバイト決まりました!
    middle-manさんを参考に探してみたらありました
    履歴書写真もプリンタで取り込んだのを印刷してハロワの相談員に見せたら十分いいということだったので写真も量産できそうです 参考になりましたm(_ _)m

    TOEICが転職に必要になりそうということなので参考になれば以下試してみてください
    6月の試験は780点でした 9月を最後にしようと思いまして830点目標というかほぼ取れると思って受けるつもりです
    ①マークシート用シャープ
    これで本当に時間短縮できます ただTOEICしか使い道なさそうですが
    ぺんてる シャープペン マークシートシャープ AM13-HB HB
    ②英語力について
    TOEIC英語力も大事ですが問題の傾向つかむと点があがると思います
    私は6月の試験でpart2ができませんでしたが英語力向上で点をあげるのはあきらめました
    代わりに公式問題集6冊のpart2の質問と回答をすべて覚えました
    公式問題集5の問題で買い物いける時間ある人いる?って問の答えが倉庫に風船がありますで買う必要のないものを教えているから正解ってこんなんわかるわけないので問題と解答を覚えることにしました
    ③part5の簡単な問題
    試験時間が足りないのでpart5の即答できる問題を下記サイトで特訓しました
    https://www.youtube.com/watch?v=3JHrjUha7i8

    2回試験受けて②と③を対策すれば今度は850点近くいくなと思ってますよ!
    急に厳しいコメントが増えてますけどお互い転職のチャンスは少ないのであせらず急ぎましょう

    • アップル より:

      過去の記事を読んでみました
      募集要項の中に『TOEIC~点以上の方優遇』などの文言を頻繁に見かけるようになったとありましたがどのような業界,仕事でしょうか?
      私もIT志望ではありますがあまり見かけないので
      シャドーイングですが私もいいとネット等で見てやってみましたが無理ですぐ辞めました
      それでも800点近く行ったので私はあまりおすすめしませんよ

      あと過去記事でフリーター編の時の塾講師は集団指導だったんです?
      1対3はしんどいと前アドバイス貰ったと思うのですがもし集団指導よければ検討してみようかなと思いまして

      • middle-man より:

        アップル様
        コメントありがとうございます。

        ここ最近でTOEIC重視の傾向が強くなったと思うのは主に、ECサイトの運営や、海外のサービスを日本用にローカライズする求人です。
        これは越境サイトが多くなってきたことによる影響かもしれません。
        ハローワーク案件でも同様の傾向があるように思います。

        シャドーイング、もう少し続けてみようかと思います。もしかしたら私には合うかもしれません。それがダメなら、アップル様のアドバイスを参考にしてみようかと思っています。

        あと、私が過去に行っていた塾講師の件ですが、これは集団指導でした。特例で個別指導も行っていましたが、基本は10名程度の集団指導です。
        1対3はキツイと申しましたのは、学生時代の塾講師の経験からです。
        これは個別指導を3人分同時並行して行うもので、自分の頭の切り替えを瞬時にしないといけないので、個人的には最悪でした。

        ただ、3人の集団指導ならば問題ないかなとは思いますので、ぜひ検討なさってみてはいかがでしょうか?

    • middle-man より:

      アップル様
      いつもコメントありがとうございます。

      塾のバイト、決まってよかったですね!特に中高年歓迎はうれしいですね!

      さて、TOEICのアドバイスありがとうございます。
      さっそくシャーペンを買ってきました。なるほど、これなら塗る時間がわずかながら短縮でき、その時間を他の問題に回せそうです。全くの盲点でした。
      ちなみに7月のTOEICでは、私の斜め前の席の人も同じものを使っていました。結構、有名なシャーペンだったんですね。

      またYouTubeの猛牛chを教えていただきありがとうございました。
      実は以前、このチャンネルを見たことがあります。アップル様のような高スコアの方も参考にされているということならば、他の回も視聴してみようと思います。

      あ~、私もなんとかアップル様の英語力に近づきたいものです。

  6. chaseourdreams より:

    こんにちは。ランキングから来ました。バイトもご自分のスキルアップも就活も3つ重なって大変ですね。そんな矢先にケガまでされるとはお気の毒です。でも、今回の記事では、やる気が感じられて、少し安心できると感じました。一日も早く安定した職業に就けることを祈っています。

    • middle-man より:

      chaseourdreams様
      コメントありがとうございます。

      やることが3つも重なってしまったのは、ある意味自分の責任ですので、なんとかやり遂げたいと思います。
      暖かいコメントありがとうございました!

  7. 直子 より:

    初めてコメントします。

    あなたとそっくりな境遇の40半ば(元)ダメ旦那を持つ主婦です。
    転職を繰り返すうち人間関係に嫌気が差し、こうなったら自営業すると言い出すも泣かず飛ばずで貯金が底を尽きかけ離婚を考えたところまで貴方と一緒です。
    ちょっとキツいこと言うかもですが、真摯に受け止めてください。
    うちの旦那と貴方で決定的に違うことは、自分を犠牲にしてでも家族を養うことを最優先して考えてくれたか?ってことです。

    旦那はこれまでの経験やプライドを全て捨ててキツいとされる異業種の業界に未経験で飛び込み死に物狂いで頑張ってる姿を見て私は離婚を思い止まり、お陰様で現在は人並みの幸せを感じるほどある程度余裕のある生活を取り戻せました。

    自分のやりたい仕事を経験やプライドを優先してきた結果、奥さんとの離婚せざるをえなかった貴方には耳の痛い話でしょう。
    離婚された今は後の祭りですが、同じ女性として貴方を信じて待ち続けた元奥さんが不憫でなりません。
    もう一度いいます。
    貴方は自分がやりたい事とプライドを優先した結果、女性としての幸せと貴重な妊娠適齢期を奪ったのです。
    ブログからも見てとれる奥さんからのSOS信号を貴方は自分にとって都合よい解釈で踏みにじっているのが随所に感じ取れ非常に不快です。

    独り身の今となってはどんな就活をしようが勝手ですが、貴方はいい歳こいて親離れも出来ず家族一人すら守る事も出来ないとても甘ったれ小僧です。肝に銘じてください。

    かなりキツいこと言ってしまいましたが、うまくいかない原因は自分にあることを深く認識し改めてみてはいかがでしょうか?
    過去は変えれません。でも、未来を変えるのは今の貴方自身です。

  8. くちへらず より:

    長期的なことを考えるのであれば、養うべく家族もいないのですからこれまで通りじっくりあせらず職探しをした方がいいと思います。得意な分野があるならそこを目指すのが普通で、金額がいいからといって異業種に転職しても今後10数年やっていけるドライブはないと思います。

    • middle-man より:

      くちへらず様
      コメントありがとうございます。

      私の気持ちを代弁いただいたような思いです。
      この歳になって異業種に飛び込むのは、それがよほど好きであるか適性があるかのどちらかの場合だと思います。

      もう少しだけチャンスがあるのならば、得意分野で勝負をかけたいと考えています。
      応援コメントありがとうございました。

  9. 匿名 より:

    いつも読ませていただいています。

    TOEICを受けたり難しい資格にチャレンジしたり素晴らしいと思いますが、食っていくなら、「自分がやりたいこと」ではなくて「自分でも出来ること」をすべきだと思います。

    何年も前のITの経験を生かすより、すぐに使える危険物乙4種やクレーンの講習を受けて工場等で働いた方が手堅いと思います。

    • middle-man より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。また、いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

      「自分がやりたいこと」ではなくて「自分でも出来ること」をすべきだとのお考えはまさにそのとおりだと思います。

      私の就活は、まさにそこに軸を置いて活動しており、「少しでも経験を活かせる仕事を」と考えています。
      ただ、危険物乙4種やクレーンの講習など、全くの未知の分野に対して、この年齢から挑戦するには少し無謀ではないかと。

      私の考えが間違っていないことを証明するため、必死にやっているところです。
      そんなことを言っている場合じゃないだろうと呆れられるかもしれませんが、その様をご覧いただければと思います。

  10. 匿名 より:

    トラックの運転手ならすぐに転職できます。
    ありがちな偏見持って避けているとするなら勿体無いですね。
    どうせ失うものもない状況ならチャレンジしてみる価値ありますよ。
    一通り記事を読んだ限り筆者様なら運送業でやっていけると思います。

    いよいよ生活に追われホームレス一歩手前で運送業に転職し、偏見で避けていた自分を殴ってやりたいくらい働きやすい環境です。

    • middle-man より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。

      ありがちな偏見持って避けているとするなら勿体無いとのご意見、まさにその通りだと思います。
      ただ、私は運転が苦手なもので…。実は以前、営業車で事故りかけたことがあり、それ以来、車を使う仕事は無理だなと自覚しています。

      ホームレス一歩手前になったら、たとえ最も苦手な仕事だとしても選択肢の一つとして考えなければいけないのかも…