無職40代男の過ごし方。そしてGWは何もない。【その後の無職-帰省編8】

無職40代男のGWの過ごし方

どのニュースを見てもGWの話題でもちきりだ。

これからの天候、観光スポットなど。

それを見ていた母親は隣で小さなため息をつく。言いたいことはよく分かる。

スポンサーリンク

「他の人は楽しく出かけるのに、なんでウチは…」

それだけでなく母は最近、こんなことをよく口にする。

「あんたの同級生の~君は家を建てて、車を買って…それに比べてあんたは何でこんなことになったの」

すまない、母よ。

俺はもう、あの頃の優等生ではないんだ。

それにしても、GW関連のニュースを一緒に見ていると本当にいたたまれなくなる。

追い打ちをかけるように、次のニュースは貧困家庭の特集だ。もう気が滅入る。

私だって、両親をどこかに連れて行ってやりたい。

そして、何の予定もない。

我が家のGWはどこにも行く予定はない。

ただこの家で、これからの人生の話をするだけだ。考えただけで暗くなる。

それでも、なるべく気に留めないようにするために、ふと壁に目をやる。

そこには両親と兄家族が旅行に出かけた際の写真がたくさん貼ってある。京都やディズニーランド。

どの写真も両親と兄家族が楽しそうに映っている。しかしながら当然、そこに私達夫婦は映っていない。

もし私にも子供ができてマンションを買い、両親を旅行に誘うことができていれば、この壁に私たちの写真も貼ってくれていただろうか。

若干悲しくなりながら、隅っこを見てみると、私が移っている写真が一枚だけあった。結婚式のときのものだ。一応は飾ってくれているようだ。

この頃は明るい未来を信じて疑っていなかった時だ。少しお金がたまったら、両親を台湾旅行にでも誘ってみようかなどと妻と話していた。

しかし、この写真もいつまで貼られているか分からない。なにせ離婚するのかもしれないのだから。

そうなったら実家とは本格的に疎遠になってしまう気がする。

普段はあまり気にしないが、こんな光景を見るたびに昔のことを懐かしんでしまう。ちくしょう!

「あの会社がつぶれていなければ…もっとマシな人生を送ることができていたに違いない。」

だめだなあ、無職であることに引け目を感じてこんなことばかり考えてしまう。

会社がつぶれてからの再就職先でクビやパワハラを経験し、後に残ったものは悔恨と絶望だけだった。

新しい職場を見つけては、一年後にはまた無職に逆戻り。妻からすれば、騙されたようなものだったのだろう。その点は本当に申し訳なく思っている。

こうして考えると、私は随分と妻と両親に心配をかけている。しょうがない、私が悪いのだ。

もう結果を出して安心させる以外に手はないのだ。

いや、だめだ。
また自分を追い込むようなネガティブな発想になってしまった。

俺は楽しむ!無理やりにでも楽しむと決めた。

スポンサーリンク

◆ その後の無職-帰省編9へ続く↓↓

再就職もままならない無職。この先、どうすべきか?【その後の無職-帰省編9】
自分で仕事をすることは決めているのだが、東京にするか実家にするかで悩んでいる。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加