元気のない無職は中華を食え!油まみれの肉を噛みちぎれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トボトボと帰り道

最近の記事と現状には若干のタイムラグがある。仕事の様子を連載記事として書いているのは、今の会社に入社して数か月たった時点での話。

しかし、この記事はそこからもう少し時間がたっている時の心境。テンションの高低がハッキリと別れている。その違いに読者の方は少し戸惑ってしまうかもしれないですがご了承ください。

後日、記事タイトルを分かりやすく修正して、時間軸が把握できるようにしていきます。

まあとりあえず、以前と違って今の私は少し元気がないです。

本当にこの先20年もこの仕事を続けていけるかどうか?そして本当に続けていきたいのかどうかで悩んでいる。

せっかく入社できたのに何を血迷ったことを言っているのかという声ももちろん承知のうえだ。

スポンサーリンク

週末の金曜日

つい先日もやっと仕事を終えて自宅の最寄り駅に到着した。
時刻はもう20時近く。

ただいつもと違うのは、この日は金曜ということだ。
テンション低めで仕事している私にとっても、週末の仕事帰りは気分がいつもより軽い。

これから自炊するのはしんどいので、どこかで晩飯でも食べたい。
そうなると何を食べるのかが問題だ。

平日は富士そばで簡単に夕食を済ませることも多いが、仕事でゴタゴタが続いていることもあって、この日はどうしてもそんな気分になれなかった。

私
もっとパワフルなものが食べたい
私
あつあつの白いご飯をハフハフしながらたくさん頬張りたい。

定食を求めて仕事帰りの繁華街をさまよう

Image by Free-Photos on Pixabay

駅から自宅までは繁華街を通り抜ける。

道の両脇に立ち並んでいるのは、ドトール、ファーストフード、靴屋、服屋、本屋、ラーメン屋など。
どこも私の欲求を満たしてくれそうなお店ではない。牛丼も考えたが、週末にそれではあまりに寂しい。

そこでいつもとは少し帰宅ルートを変えて、わき道にそれてみることにした。すると、キャバクラ、熟女パブ、居酒屋といった大人のお店が目立つようになる。

そんななか、風俗店の間にひっそりとたたずむ一件のお店があった。
いつもなら気にもしていなかったが、こんなところにもおひとり様でも入れるようなお店があったとは!

勇気がなくてお店の外ですこしウロウロ

Image by Jason Gohon Pixabay

そのお店は中華。いわゆる町中華だ。

しかし初めてのお店だし、グルメサイトにも掲載されていないようだ。
どんなメニューがあるかもよく分からない。すこし躊躇してしまう。

一応、看板はある。それを見てみると各種定食も提供しているようだ。
どれも1,000以内で食べられる。

これはいい!

意を決してお店の引き戸を開けると、中はほぼ満員。
内装はさほどキレイではない。よくある中華屋さんだ。

常連さんとみられるお客や近隣のお店で働いていると思われる女性が多かった。
入り口で『一人です』と言うと、愛想のよい女性店員がカウンター席に案内してくれ、あたたかいジャスミンティーを出てきた。うまい!

それを飲みながら、写真付きのメニューを開いて考えること1分。
私の目を引いたのは、ざく切りの鶏肉の上から辛しょっぱいタレをかけたもの。

そう、そのメニューとは油淋鶏!

なんだか無性に食べたくなり、迷うことなくそれを注文した。
10分ほどして、油淋鶏、スープ、ミニサラダ、ホカホカのご飯がお盆の上に乗せられてやってきた。

スポンサーリンク

勇気がなくてお店の外ですこしウロウロ

まずはスープを飲み、ご飯を口に運ぶ。

この時ほど、仕事を一週間頑張ってきて良かったと思う瞬間はない。
まさに私が求めていたとおりの夕飯にありつくことができそうだ。

少し落ち着いてきたところで、次は熱々の油淋鶏の番だ。

油で揚げたてで衣はサクサク。歯ごたえはバッチリ。
肉の厚みは少し薄めだったが、それがかえって食べやすくてご飯がすすむ。

普段は油分を控えめにしているが、こういう時はそんなことを気にせずモリモリ食べ進める。

あったかいご飯と、油を使った肉料理。
ジャンクかもしれないが、これこそまさに元気が出るメニューだ。

やはり、中華料理は偉大だ。
気力が萎えたときこそこういう料理を食べるべきだ。

不思議と気力が湧いてくる!

ところで私はラーメンも好きだ。
しかし、こういうションボリしているときはあまりおススメめできない。

その理由は歯ごたえがないからだ。ほとんど噛まずにツルツルと飲み込むことができる。
ただ、食の専門家でもない私が思うには、この噛むという行為が結構重要なポイントだと思う。

たしかにラーメンを無性に食べたくなる時があるが、咀嚼するという行為が少ないので、満足感にかける。

人間も肉食動物なので、歯で肉を食いちぎって食べるという行為が元気の出る食べ方なんじゃないだろうか?

それに油というのもいい。なぜだか分からないが、力が湧いてくるような気がする。

そんなこんなで30分ほどで食べ終わり、満足感に浸りながら店を後にした。
来週もまたここに来てしまうかもしれない。

===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

私の転落人生はここから始まりました

中年底辺な40代無職による再就職ブログ。ブラック企業体験記【転職回顧録-序章1/1 】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
 ◆ カテゴリ別記事一覧 ◆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『元気のない無職は中華を食え!油まみれの肉を噛みちぎれ!』へのコメント

  1. 名前:akito 投稿日:2020/01/19(日) 00:03:32 ID:e352e623f 返信

    今日は仕事大変だったけど頑張ったな!とか、
    最近忙しかったけど区切りついたな!とか、
    そういう時ってガッツリ食べたいなと思いますよね!!
    今回の記事を見て、確かにこういう時って自分もラーメンとかよりもライス派だと気づきました(^-^)
    middle-manさんのご自宅や会社の近くには美味しい飲食店が色々ありそうで羨ましいです。。。