穴場的家系ラーメンと40代無職の思い出

私はラーメンが好きだ。

三食ラーメンでいいというほどではないが、都心に行く機会があるたびに、その近くにある評判の高いラーメン屋を事前に調べて食べに行く。

今はこれがささやかな楽しみだ。

スポンサーリンク

私がラーメン好きになったのは、SE時代、同じプロジェクトの先輩に連れられて行ったことがきっかけだ。

小規模で展開しているチェーン店で知名度がそれほど高いわけではない。郊外にあるため交通の便はあまりよくない。穴場的存在だ。

その先輩は、当時私が入っていた会社の寮の近くに住んでいたこともあり、随分とかわいがってくれた。

お店はいわゆる家系と呼ばれるラーメンが売りだった。
それまで私はラーメンを好きでも嫌いでもなかった。

しかし、その店のラーメンをひとたび口にしたとき、こんなうまいものがあるのかと感動したことを今でも覚えている。

中太麺に濃いスープが絡む。チャーシューも分厚い。

麺を食べ終わった後はご飯を頼み、残ったスープにそれを入れて二度楽しむ。

深夜にこんな食べ方をすると翌日に胃がもたれるのは確実だが、それでもやめられなかった。それほどおいしかったのだ。

私のラーメン好きはここから始まった。

その時は泥沼プロジェクトに放り込まれ、連日終電まで残業していた。

帰宅するのは深夜の1時か2時。残業規制が今ほど声高に叫ばれていなかった頃の話だ。

週に二、三回は仕事帰りに先輩とこのラーメンを食べに行った。

給料日には豪華なトッピングを楽しんだ。店では上司や仕事の愚痴を笑い話も交えて麺をすすった。

肉体的にも精神的にも疲れていた私にとっては、このラーメンが唯一の楽しみだったのだ。

仕事を辞めた後にもう一度あの店に行ってみたが、もうあの時ほどのうまさは感じられなかった。味が変わったわけではない。

おそらく、仕事のつらさが相まってあのうまさがあったのだ。精神状態は味覚にまで大きく影響を与えるのだろう。

今も機会があるごとに評判の高い店でラーメンを食べるが、あの時のうまさには到底及ばない。

あの先輩はどうしているだろうか。
今の私を見たら悲しむかもしれない。
===========

スポンサーリンク
気晴らしに、こちらもどうですか?

そんな私の転職失敗談はこのリンクからどうぞ☟☟

40代無職男は再就職できるのか?絶望的な転落人生【転職回顧録-序章1/1】
全てが嫌になり会社を辞めて無職になった。そんな男は果たして再就職できるのか?数々の転職失敗談と現在を記した男の記録。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加