再就職、もう後がない!筆記試験の結果報告【転職回顧録-迷走編9/18】


A社の筆記試験の結果は合格者にのみ電話連絡ということだった(回顧録-16を参照)。
過度な期待は禁物だが、やはり気になってしまう。

そして、2日経っても3日経っても連絡が来ることはなかった。

やはりダメだったかという思いが頭をよぎった。

スポンサーリンク

そんなとき、一本の電話がかかってきた。

この電話ははたして、待ち望んでいた相手からの連絡だろうか?

40代無職中年男に連絡は来るのか?

スマホを肌身離さず離さず持ち歩き、いつでも電話に出られるようにしていた。
もちろん、サイレントではなく音声が鳴るようにして。

私は気を紛らわすために、様々な媒体の求人に応募したり、図書館で勉強したりしていた。
そして待つこと4日目。

「やっぱりだめか…」と諦めかけていたときだった。

図書館からの帰り道、ついに着信がきた!
しかし残念ながら、その電話は母親からのものだった。

転職活動がどうなっているかを心配して電話してきただけだった。簡単に今の状況を報告し、こちらは元気でやっていることを告げて電話を切った。

息子を心配する母親の気持ちはよく分かる。早く安心させたい。

その5分後、またしても着信アリ。

電話がかかってくると、「もしかして応募先企業からではないか?」と胸がバクバクする。
無職にありがちな光景だ。

ただ、さっきの電話は母親からのものだったし、直後のこの着信もきっと母親からだ。

言い忘れたことでもあるのかと思い、スマホをポケットから取り出すと、画面にはA社の電話番号が表示されていた。

誤操作で電話を切らないよう慎重にボタンを操作して電話に出る。
少し声が上ずっていたかもしれない。

それは、待ち望んでいた筆記試験通過の連絡だった!

面接に最も効果的な対策とは?

次は本社で最終面接を行うという。

詳しい時間と場所の説明を受け、道路の脇に自転車を止め、すぐさまメモした。
いよいよ本丸に乗り込んで最後の決戦だ。

喜び勇んで帰宅し、そのことを妻にメールで伝えた。
まるで内定が取れたかのように喜んでくれた。

さて、次は面接だ。
これをクリアしさえすれば、この忌まわしい無職から脱出することができる。

この面接の難点はもちろん、緊張しすぎてしまうことだ。
ましてや、私のように再就職に焦っている人なら当然だ。

残念ながら特効薬はない。

だからこそ、何度も何度も練習を繰り返すしかないのだ。

考えられる手段としては模擬面接だ。

想定問答集を作り、それを徹底的に頭に叩き込むことにした。

そこで真っ先に頭に浮かんだのがハローワーク。
たしか、ハローワークでは模擬面接をやってくれたはずだ。ここは頼るしかない。

多少、興奮気味に帰宅し、さっそく模擬面接の予約をとるためハローワークに電話してみた。

だが、利用希望者が多く順番待ちの状態だという。

これでは本番の面接には間に合いそうにない…困った…

しかし、面接の練習は絶対に一回くらいはやってほうがいい。

そこでどうしようかしばらく考えた。

年齢的にも面接官と同じくらいで、なおかつ緊張感をもって練習できると相手…いた!

まさにうってつけの人が身近にいた。

===========

スポンサーリンク
◆ 転職回顧録-迷走編10/18へ続く↓↓

模擬面接にピッタリの人物とは?意外にも身近にいた!そして模擬面接の成果を活かすことができるのか?

無職40代中年による最も効果的な面接対策【転職回顧録-迷走編10/18】
面接を絶対にものにしたい。この対策に最適な人がいることを思い付いた。それは義理の両親だ。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加