【転職回顧録-17】E社の筆記試験結果は・・・

E社の筆記試験を受験後(回顧録-16を参照)、私は相変わらず様々な媒体で求人に応募していた。

E社の筆記試験の合否は、合格者にのみ電話連絡が来るという。しかし、2日経っても3日経っても連絡は来なかった。

あまり期待せずに待っていたが、やはり、気になってしまう。

携帯電話は常にON。サイレントではなく音声が鳴るようにして、いつでも電話に出られるようにしていた。そして待つこと4日目。

図書館からの帰り道、ついに着信が!

スポンサーリンク

こういうときに電話がかかってくると、胸がバクバクする。無職あるあるだ。

しかし残念ながら、実家の母親からの電話だった。

転職活動がどうなっているかを心配して電話してきただけだった。簡単に状況を報告し、こちらは元気でやっていることを話して電話を切った。

その5分後、またしても着信アリ。

言い忘れたことでもあるのかと思い、自転車を降りて着信画面を見ると、今度こそE社から筆記試験通過の電話だった。

次は本社で最終面接を行うという。

詳しい時間と場所の説明を受け、道路の脇ですぐさまそれをメモした。いよいよ本丸に乗り込んで最後の決戦だ。

喜び勇んで帰宅して妻にもそのことをメールで伝えた。

スポンサーリンク

まるで内定が取れたかのように喜んでくれた。

さて、次は面接だ。これさえクリアすれば無職を脱出することができる。

想定問答集を作り、模擬面接をやってみよう。
ハローワークでも模擬面接を無料で行ってくれるが、利用希望者が多く順番待ちの状態だという。そういった事情もあり、本番の面接には間に合わなかった。

しかし、面接の練習は絶対に一回くらいはやってほうがいい。

そこでどうしようかしばらく考えた。

年齢的にも面接官と同じくらいで、なおかつ緊張感をもって練習できると相手・・・いた!

うってつけの人が身近にいた。(回顧録-18へ続く)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする