無職40代のアルバイト奮闘記【転職回顧録-外伝1/7】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

はじめに

40代無職中年男のこれから【転職回顧録-管理職編16/16 ※最終回】では、私が経験職のアルバイトに採用されたところで終わっていました。

そこで、この【転職回顧録-外伝】シリーズ(全7回)では、アルバイトやその後の生活をもう少し詳しく書いていきます。

アルバイト先はベンチャー企業

経験職ということもあり、大体の仕事内容は把握できているつもりだったが、それでもやはり職場環境などに不安が残る。

特に初出社の前日は不安だった。

これまで多くの転職を経験してきたが、こういうことは何回経験しても慣れるものではない。

そして、初出社当日。

私は時間の1時間ほども早く駅についてしまったので、近くの喫茶店で時間をつぶし、10分前に会社に向かった。

そんな私を出迎えてくれた人は温厚そうな人で、不安が少し和らいだ。

オフィスに入って社内を簡単に案内してもらってから、実際に職場のデスクに座ると、私の指導係の人がやってきた。

30歳を少し過ぎたくらいの若い男性で、私とは一回りくらい離れている。

随分と年下の上司だが、そんなことは昨今の転職事情ではよくあることだ。

基本的なPCのセットアップを行い、業務概要について一通りの説明を受けた後、早速、実際の作業を行うことになった。

その後、指導係の人は別の仕事があるとのことで、私よりも一ヶ月ほど先にアルバイトとして入社した先輩から色々な説明を受けることになった。

この先輩は全部で三人で、そのうち二人は私よりも2~3歳ほど年上の男性で、もう一人は私より少し若い女性だ。

いくらアルバイトといっても、簡単な説明を受けたくらいでは一人でできるわけではない。

一つ一つレクチャーを受けながら実際の作業を行った。

スポンサーリンク

初日は無事終了。

感想を一言でいうならば、この会社はブラック企業ではなく、比較的働きやすい職場だった。

規模はまだ小さく、いかにもベンチャーといった雰囲気がにじみ出ているが、パワハラやサービス残業には随分と気を遣っており、そういったものとは無縁のようだった。

また、会社としても、ある程度経験のある私に期待してくれているらしく、40代無職の転職回数が多い私を温かく受け入れてくれた。

しかし、決して高くとはいえない時給(かといって安すぎるわけではない)で働いているので、贅沢な暮らしはできない。

依然として、これから先の生活に不安は残っているが、安いながらもお金を稼ぐことはできているので、精神衛生的にはよい。

そして、2日目、3日目、一ヶ月と経過し、ついに待望の給料日を迎えた。

手渡された給料明細を期待して見てみると、金額は手取りにして10万ちょっと。

もちろん労働時間分がキチンと支払われていたわけだが、あらためて給与明細に印字された金額を眺めると悲しくなった。

比較的単純作業ということもあり、大した金額でないことは分かっていたが、40を過ぎた男がフルタイムで働いた対価としての金額にしては、あまりにふがいない。

一番稼いでいたとき時の四分の一くらいだ。

こんな時に、自分の転落ぶりをイヤというほど思い知らされる。

とはいえ、甲斐性のなさを嘆いていても仕方ない。

頑張って仕事に打ち込むのみだ。

その日の帰りがけ、初給料日ということで苦労をかけている妻にピアスを買って帰ってみた。

もちろん高いものは買えない。1000円ちょっとの安物だ。

そんなものでも喜んでくれたのは嬉しかった。

そうこうしているうちに大分仕事にも慣れ、基本的なことならば一人で作業できるようになってきた。

このままいけばもしかして契約社員、そして、正社員登用の道も開けるかもしれないという希望を持つようになっていた。

やはり経験職というものは強い。

あらためてキャリアの積み上げが重要だということを実感した。

しばらくぶりに私の人生に光が差し込めたと感じた。

===========

スポンサーリンク
◆ 転職回顧録-外伝1/7へ続く↓↓

自分の人生がまた輝きを取り戻しはじめたように見えた。そんな私はある日、大役を任せられることになる。

一世一代の重大な決心【転職回顧録-外伝2/7】
上層部の仕事内容を見てみると、この仕事が魅力的には見えなくなってきた。それにくわえて、正社員登用の話がなかなかおりてこない。
スポンサーリンク