Cafe de 無職

~40代、50代の無職が集う場所~

【転職回顧録-11】外資系企業へ応募してみた

calendar

reload

スポンサーリンク

会社都合で退職した。

会社都合の場合、失業給付金はすぐに支給される。
自己都合の場合は三ケ月の待機期間があり、支給は待期期間が明けてからとなる。

なので、私はすぐに給付金額を受け取ることができ、さらには満額の給付金を受けとることができた。支給期間も条件によっては半年間にわたる。

できるだけ早く社会復帰したいが、そんなにたやすくは決まらないだろう。
贅沢さえしなければ、休職中はなんとかこの失業給付で乗り切れそうだ。

そして、ここから私のハローワーク通いが始まることとなった。

とはいえ、転職回顧録-10でも述べたように、これといった求人はなかなか見つからない。

そんななかでようやく1件、私の経歴を活かせそうなものを見つけた。
ヨーロッパに本社を置く外資系企業の日本法人だ。

業種は主にWEB系で、私以外に経験者はほとんどいないだろう。
それだけに、どうしてもこの企業に入りたかった。

定期的に本社とのミーティングがあり、そこでは英語が使用される。応募資格としてはTOEICで750点相当だそうだ。
私にとっては難しい点数だが、一般的にはそれほど高い点数ではない。集中して勉強すれば何とかなりそうだ。

それよりも肝心なのは、日本での業務をきちんと遂行できるかどうかだ。
業務内容を見るかぎり、私ならできそうだ。

そこで早速、応募書類の作成にとりかかった。
業務経験はあったので実績をアピールした書類を作成し、英語は勉強することで十分対応可能だと付け加え、今後の学習計画も添えた。
ハローワーク職員に書類の内容についてアドバイスをもらい、必要な修正を反映してから満を持して応募した。

また、面接に呼ばれたときのことも考え、その企業が運営する店舗に足を運び、販売している商品とネット上での口コミを調査し、商品を効率よく拡散するための案も考えた。

そこまでしたが結果は書類選考落ち・・・
お祈りメールすらなく、私からハローワークに結果を問い合わせてはじめて分かった。

考えられるのは、年齢、そしてそれ以上に英語がネックと思われた。
語学は転職に大きな武器になることをあらためて痛感した出来事だった。(回顧録-12へ続く)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

コメントどうぞ。お気軽に!