【転職回顧録-4】やっとの思いでつかんだ面接のチャンス!

面接の準備は万端

やっとの思いでつかんだ面接の機会。私は普段以上に意気込んで臨んだ。

道に迷わないよう、前日に実際に足を運んで面接会場までの道のりを調べた。

駅から歩くこと10分。そう遠くはなかった。実際にその会社の前に到着したものの、ドアの前でジロジロ見ていると不審者と間違われそうだ。

そこで、少し離れたところから会社が入っているビルを見てみた。案外小さい。

しかし、こうして実際に自分の眼で見てみると、あらためて気が引き締まる。明日はいよいよここで面接なのだ。

スポンサーリンク

まだ面接も受けていないのに、ここで働く自分の姿を想像してみるとモチベーションが上がる。こういうことができるだけでも実際に来た甲斐があった。

本当なら、この後は近くの喫茶店に入って一服したいところだが、万が一、関係者が近くにいてはいけない。何しろ、向こうは履歴書でこちらの顔を知っているのだから。

そこで、二、三駅離れたターミナル駅で降りて、そこで一服することにした。

コーヒーをすすりながら明日の面接を想定した質問とそれに対する回答を交互に頭に思い浮かべた。準備は万端のつもりだが、どうしても不安が抜けきらない。

そして面接当日!

そして迎えた面接日。事前にチェックしたとおりの道順を通って、面接会場である会社のビルに到着。

インターホンで面接に来たことを告げると、受付の女性が出てきてくれて、部屋に案内された。緊張しながら5分ほど待っていると、面接官2名が部屋に入ってきた。

中肉中背と太った男性。おそらくはこの二人が私の上司となるのだろう。

太った男性のほうは顔色が悪い。寝不足なのか?寝不足になるほど仕事が忙しいのか?色々と勘繰ってしまう。

二人ともぶっきらぼうな感じだったが、話してみるとそうではなかった。どちらかというと、物腰が柔らかかった。

40代無職中年男の面接対策

面接自体はオーソドックスなもので、志望動機や前職の退職理由などよくある内容を質問された。また、時折、突っ込んだ内容の質問があった。

しかし、この面接には私なりの対策をたてていたて、それに基づいた想定問答集を作っていたおかげで、とくに慌てることなく対応することができた。

その対策とは、ありのままを話すという作戦だ。

面接では通常、前職の退職理由など言いにくいことを前向きな内容に置き換えるのがセオリーだ。

しかしそんなことは相手方も承知のうえ。わざわざ遠回りなことを言うとかえっていろいろと詮索される。

そこで私はこれまでのことをありのままに話した。

大学院を中退した理由、経験を活かせそうな仕事に就いて最大限努力してみたものの、結局やりがいを見出せず、そのうえ半ば干され気味だったこと…

一見、マイナスなことばかりで逆効果のようにも思えるが、そこに私なりの考えがあった。

それは、他の応募者との違いを作るためだ。

スポンサーリンク

私に目立った経歴がない以上、他の人と同じようにしていては、違いを生み出せない。そこで、通常のセオリーとは逆の方向をいき、腹を割ってありのままをさらけ出すことにしたのだ。

名付けてハイリスク・ハイリターン戦法。

半ばヤケクソだったのかもしれない。むしろ、こういったやり方は通用しない場合のほうが多い。マネしない方がよいと思う。

これが功を奏したのかどうかは分からないが、後日、一次面接通過の連絡があった。

このハイリスク・ハイリターン戦法が効果を発揮したのもきっと、この会社となにかの縁があったからだろう。

ただ、この面接は一次面接だ。次の最終面接がまだ残されている。

まだまだ油断はできない。(回顧録-5へ続く)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする