【転職回顧録-3】年齢33歳、無職。孤独な一人暮らし。

届かぬ思い

転職サイト、ハローワーク、エージェントなど、考えられる範囲で色々な媒体を通じて求人に応募した。

その当時33歳。若いとは言い難いが、再スタートとして遅くはないギリギリの年齢だと思っていた。

しかし、そう思っていたのは自分だけだったようだ。

採用側にしてみれば、一貫したキャリアを積んでいない私は扱いにくい人材とみなされていたのだろう。
それでも、熱意を示すため企画書を書いて応募書類に添付したり、色々と工夫をしてはみたものの全く効果はなかった。

書類選考すら通過しない日々が半年以上も続く。
その数は50通ほどになっていた。

スポンサーリンク

その当時は求人検索と応募を頻繁に行っており、三日で二通の応募ノルマを自分に課していたものの、それでも時間を持て余してしまうことが多くあった。
そんな時、いい大人が昼間から家でゴロゴロしていることに強い自己嫌悪を感じていた。

そんな時は、なるべくお金を使わないで済むように積極的に近所を散歩したり図書館に通っていたものだ。

とはいうものの腹は減る。なるべく節約はしていたが、それにも限度がある。

そうしてお金が無くなると実家に仕送りを頼む。こんなに情けないことはなかった。散歩しながら涙が出そうになった。今でも思い出したくないほど悲しい思い出だ。

こんな生活がいつまで続くのか、俺はもうダメなのか、実家に戻ったほうがいいのか、そんな思いが頭の中をグルグルしていた、

スポンサーリンク

思いもよらぬ連絡

そうこうしているうち、ついにある企業から面接の連絡があった。

この企業はハローワークで偶然見つけた企業だ。いつもの検索条件とは少し変えて、隅から隅まで舐めるようにして見つけてきたものだ。

少し気になっていたのでダメもとで応募していたものだが、まさか面接の連絡が来るとは思っていなかった。

やっとつかんだチャンス!!
これを逃してなるものかと意気込んだ。(回顧録-4へ続く)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク