【転職回顧録-14】応募書類の内容は万全

ハローワークでD社への紹介状を発行してもらった。

久々のお宝求人だ。いつも以上に意気込んで念入りに書類を作成した。

手書きのほうが熱意が伝わるだろうと、履歴書はすべて手書き。一文字一文字丁寧にペンを走らせた。

今思うと、無駄なことをしたものだ。

特別な指定がない限り、手書きだろうとPCだろうと熱意の伝わり具合に大差はないのに。

スポンサーリンク

そして、最近の応募書類に欠かせないのが職務経歴書。

昔は履歴書だけでよかったそうだが、今は職務経歴書の提出が必ずといっていいほど求められる。しかし、職務経歴書は分量が多くなるため、手書きにするとかえって見にくい。

これでは時間がいくらあっても足りないので、この書類だけはPCで作成した。

また、応募先企業に対する事前調査も欠かせない。

エゴサーチで、その企業に対する口コミを色んなキーワードで調べた。

結果はシロ。悪評は出てこない。

さらに、とにかく熱意を見せようと、見栄えがあまりよくないD社のホームページ改修案を勝手に考え、面接に呼ばれた際はそれを資料としてみせようとまで考えていた。

そうこうしているうちに書類が完成した。気合を入れて書くと大体丸一日はかかってしまう。

最後に、誤字脱字はないか、分かりにくい文章になっていないかを妻にもチェックしてもらった。

翌日、朝一番でハローワークに向かい、職員の人にもみてもらった。キッチリ仕上がってるとのこと。

さらに、その時の応募者が何人かを調べてもらうと、約70人だった。

これは結構な数だ。

しかし、キッチリと書類を仕上る人はそれよりももっと少ないはず。大体、応募者の半分くらいだろうか。

スポンサーリンク

さらに、どのよう雰囲気の会社かを調べるため、過去に応募者からのクレームがあったかどうか、離職者が多いかどうかかということまで調べてもらった。

すると、そのようなネガティブな情報は上がってきていないとのこと。これで一安心だ。

応募をためらう必要はないことがわかった。

ちなみに、ハローワーク職員は不愛想といわれることが多いが、担当者はざっくばらんに話をしてくれるし、色々なお願いにも可能な限りで対応してくれる。

ダメ元で色々とリクエストしてみればいいと思う。

さて、これで応募することに躊躇はなくなった。満足のいく応募書類も完成したし、悪い評判もない。

さっそくその足で郵便局に行き、応募書類を郵送してきたのだった。(転職回顧録-15へ続く)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする