妙な試験に不安を覚えた無職40代男【転職回顧録-21】

◆人気記事◆

40代無職の傷心旅行が終わって

赤羽傷心ツアーから帰ってきた(回顧録-20を参照)。

もう少し遠出して一泊してくればいいいのにと妻は言ってくれたが、これでいいのだ。
十分楽しかった。ありがとう。

さて、心の充電は完了したことだし、また職探しを再開だ。

方法は今までとおり、色んな媒体で応募した。

やはり転職サイトは書類選考の通過率が悪い。おまけに転職エージェントからの連絡は来ない。

スポンサーリンク

80社は応募しただろうか。

そんな先が見えない状況が続くなか、2社から書類選考通過の連絡がきた。

一つは転職サイトから、もう一つはハローワークから応募したものだった。
どちらもの会社も30名程度の人数なので決して大きな会社ではないが、やってみたい職種ではあった。

ところで、この頃の書類選考通過率は約1割程度だった。
昨今の社会情勢からすると、大体このくらいの数字が平均らしい。

しかし、アラフォーの私にとっては、上出来ともいえる数字なのではないだろうか。

さて、二社の面接がいきなり決まったわけだが、おそらくこの二社の選考は時期的に並行して行われることになると思われた。

そこで、ダブルブッキングしないよう面接日を調整した。一社目の面接の翌日に二社目の面接を受けることにした。

面接が立て続けに決まると、どちらに入社しようかなどと、内定も出ていないのについつい勝手な妄想をしてしまう。

面接、ちょっと驚いたこと

そして迎えた一社目の面接。

約束時間の一時間前には最寄り駅に到着していたが、大通りからすこし外れた所にオフィスがあったため場所が分からなかった。

少し焦ったが、それでもなんとか10分前に到着することができた。

緊張の面持ちで会社のドアを開けると、中の職員が全員起立してあいさつして迎えてくれた。

スポンサーリンク

私の嫌いなパターンだ…

なんでこの手の会社がちょくちょくあるのだろう…
来客のたびにあいさつしてたら、わずらわしくてしょうがないだろうに。

若干の不安を抱えつつ、受付らしき女性に面接できた旨を告げると、待合室に案内してくれた。

どうでもいいことだが、この女性は私より少し年上と思われ、おかっぱ頭というよく分からない髪型だった。
それに加え、日本人の平均身長くらいはある私よりも背が高く巨大だ。なんかこわい。

それはさておき、待合室にはすでに約10名ほどのライバルが待っていた。みんな新卒か20代後半で私よりも若かった。

なぜこんな若者集団の中になぜ私が呼ばれたかは不明だが、せっかくのチャンスなのだから最善を尽くそう。

そんなことを考えていると時間になった。
待合室に担当者が現れ、今から筆記試験を行うことを告げた。

「おいおい、そんなこと聞いてないぞ」と思いながらも、どうしようもない。

仕方ないので試験開始とともにボールペンを走らせる。制限時間は1時間半。ギリギリだ。

配布された解答用紙は、今まで見たこのとない妙な色のレポート用紙をちぎったもの。

レポート用紙に解答するって、ちょっと適当すぎやしませんかね。
さきほどの職員全員による挨拶の件といい、いろんな意味で紺会社には不安が募る。

スポンサーリンク

おまけにこの筆記試験、以前に受けた採用試験の一般常識や数的推理(転職回顧録-16を参照)のようなものとはまるで違っていた。

その内容とは、これまでの失敗談、自分のポリシー、志望理由などを書かせるものだった。
テレビでみた会社の就職試験を真似ているのか、下手なコンサルの助言かは知らないが、適当すぎる。

まあそれはそれでいいのだが、これらの内容は応募書類として提出したものと同じだ。
それをレポート用紙にあらためて手書きで書かなければいけない。

大きなストレスを感じた。他の受験者も皆、同じことを思っていただろう。

部屋の広さの都合上、この試験は一つの長机に全員が向かい合うように座って受験していた。

そして、このあといよいよこの会社の社長が登場することになる。(回顧録-22へ続く)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする