40代無職は再就職できたのか?その結末は…【転職回顧録-迷走編17/18】

普段、書類選考に通過することはほとんどないのだが、この二社の場合だけはほぼ同時期に面接に進むことができたので、その分、かなり念入りに対策をして臨んだ。(転職回顧録-21転職回顧録-24参照)。

書類選考の通過には時期的な波でも存在するのだろうか。
だとすれば、この時はかなりの大きな波に乗っていたに違いない。

なんとしてもこのチャンスをつかみ取りたい。

スポンサーリンク

二社の面接が終わってからというもの、その後の連絡が待ち遠しくて仕方なかった。

二社の面接は全て終了した

通常、面接で不採用が決定した場合、薄っぺらい封筒に履歴書や職務経歴書を入れて、郵送で返却されることが多い。

そのため毎日、ビクビクしながら郵便受けをチェックしていた。

そんな日々を送っているうち、ついに最初に面接を受けた会社からのメールが来ていた。
ドキドキが止まらない。

メールの題名には「面接結果のご連絡」とある。これだけでは本文の内容が分からない。

おそるおそるクリックして本文を確認してみると、そこには二次面接の案内について記載されていた。

なんと、先日の面接に通過したのだ!

外出中の妻にすぐにメールしてこのことを伝えると、とても喜んでくれた。二人で喜びを分かちあった。

おそらく最終面接となる二次面接は明後日に行われるという。

望むところだ。

まさかの結末。そのとき無職中年男は?

これまでの経験から色々な対策をたててきたので、とりたてて新たに準備することはない。
再度、志望動機や事業内容を確認するだけだ。

とはいえ、念には念を入れるため、妻を相手に模擬面接をしてみた。
面接室への入室の作法、椅子に座った時の鞄の置き方、表情のつくりかたなどをあらためてチェック。

まるで初めての就職試験にむかう学生のようだ。そして二次面接当日を迎えた。

オフィスに入ると、社員全員が起立して私にお辞儀をしてくれる。
やはりこの雰囲気は苦手だ…

今回の面接は社長との一対一の形式で行われた。
事前に模擬面接はすませていたものの、やはり緊張する。

社長からの第一声は予期しない内容だった。

「内定です。今日は雇用条件の内容を詰めたいのでお呼びしました」

一瞬、自分の耳を疑った。

てっきり最終面接かと思っていたが、とりあえずは私の転職活動に終止符が打たれた瞬間だった。

先の見えない不安からやっと解放されたと思うと、心底ホッとした。

互いに書面を見ながら一通りの条件を確認した。
試用期間のこと、給与のこと、業務内容のこと。

入社してから半年間は試用期間となるが、その間の給与は求人に記載していた内容と同額とのことだった。

また、休日は暦とおりの完全週休二日制。

特に不満はない。

しかし、私にはこの場ですぐに内定を承諾できない理由があった。
それは二社目の面接結果(回顧録-24を参照)の連絡がまだ来ていなかったからだ。

本音を言うと、私はこの二社目のほうが志望度は高く、どうしてもその結果を待ってからこの内定の承諾を出したかった。

私が複数の企業に応募していることは既に伝えており、社長も理解を示してくれていた。

そのため、内定を受けるかどうかの返事を1週間待ってくれることになった。
おそらく、その間には二社目の会社の結果も分かっていることだろう。

しかし、何はともあれ一段落だ。

さっそく妻に電話して内定が出たことを伝えた。
その喜びたるや、ものすごかった。

きっと妻も随分心配してくれていたのだろう。

その後、実家と義実家へ電話して今日のことを報告した。みんなとても喜んでくれた。

これだけ転職活動が長引くことは予想外だったが、なんとかハッピーエンドで終わり本当によかった。

そして、近くにあったラーメン屋に立ち寄り、まずは一人で祝杯をあげたのだった。

===========

スポンサーリンク
◆ 転職回顧録-迷走編18/18へ続く↓↓

遂に内定を勝ち取った!しかし、この内定を承諾するかどうかは、もう一つの企業の選考状況次第。次回、私の進路がいよいよ決定することになる。

40代無職中年男、再就職に成功!【転職回顧録-迷走編18/18】
ついに内定を勝ち取った。再就職活動を始めてからここまでに約100件ほど応募し、半年かかった。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加